bunto_book_badge受験期を通して使えます!

英作文の初歩の段階から、直前期まで長く使うことができるのが本書。この中の例文を暗記し、解説をしっかりと理解することで、かなりレベルの高い入試英作文まで対応が可能です。

bunto_book_badge英語の発想法を学べます

日本語には日本語的な、英語には英語的な発想というものがあります。自然な英文を作るには、この英語的な発想を知ることが近道。この本は、英文の伝えたい情報は何か、どう文を組み立てていけばよいかという「考え方」を理解しようという発想で書かれた本です。この参考書の100の例文は、その「考え方」を理解するために集められたものばかりです。

bunto_book_badge理由にまで言及した丁寧な解説

名詞の単数複数やaとtheの使い分け、きちんとできますか?
「今日かばんを買ったが、さっそく盗まれた」という文の接続詞にbutを使ってはいけない理由をきちんと説明できますか?
こういった、英作文でミスしてしまいがちなポイントをしっかり解説してくれています。

学び舎東京PLUS
「受験のパーソナルトレーナー」と二人三脚で合格を目指す特別なコース 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge思考のプロセスを再現

「ウィスキーのボトルを2本も空けて車を運転するのは危険だ」という文を訳せという問題があります。
これをどう英語にしますか?
1.「ウィスキーのボトルを2本空ける」はどう表現するか(日本語をどう解釈しなおすか)
2.「車を運転する」の時制はどうなるか
と、丁寧に英文を作る際の頭の使い方を再現してくれます。

bunto_book_badge単なる「キャラ物」ではない本格派!

『ドラゴン桜』に出てくる英語教師のモデルになったのは、この本の著者の竹岡先生なのだとか(マンガのなかでも「基本例文を100覚える」という勉強法は実践されています)。
日本語と、それに対応する英文を、「どのような理由でその英文に行き着いたのか」ということを理解しながら覚えていきましょう。さらさらっと英文だけ覚えて終わり、ということのないように!
その英文が正しい理由までしっかりと押さえることができれば、あなたの英作文力は大きく前進するはずです!