bunto_book_badge長文・英作文で使える150個の構文をマスター!

中堅私大・有名私大、国公立大学志望の人向けの英文解釈・構文参考書。英作文でも使える構文を覚えたい人におすすめ。構文を150個に絞ってあるので、時間がない人でも十分やり切れる分量です。 できるだけ早く始めるに越したことはありませんが、夏休みから始めても間に合います。その後、英作文や長文演習などにもスムーズに移っていけるでしょう。

bunto_book_badge厳選構文を理解&暗記

厳選された全150個の構文を理解し、暗記していく、という参考書。基本例文をもとにそれを説明して類例を示して覚えていきます。 150構文全てに丁寧な図解と解説付きなので、すっきりと頭に入ってくるでしょう。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_book_badge問題量も十分!

左ページに構文とその説明、右ページに練習問題という構成。センター試験重視の短文問題が495問、易しい作文問題が297問、短文・長文の解釈問題が198問、と問題数も十分過ぎるほどです。 センターのみの人にはオーバーワークですが、このような問題が出題されやすい私大志望の人にはぴったり。

bunto_book_badge解説も十分!

このような参考書についている解説は、得てして略解が多いのですが、本書は解説までたっぷりつまっています。1課につき1ページの解説でとても満足できるでしょう。 また、解釈問題198題に全て図解がついていて、「なぜ?」という疑問を残すことなく勉強できます。

bunto_book_badge「聞いて、読んで、書いて」覚える!

まず付属のCDで構文を聞き、音読。その後各構文を書いて覚えましょう。下の解説もしっかり読んで理解すること。最後に右ページの練習問題を解き、答え合わせをしてというのが1回の流れです。これを全てについてやれば基本的な構文が身に付きます。 全部で150構文という切りの良さなので、ペースを決めやすいと思われます。自分の始める時期、試験までの残り時間を考慮して進めていきましょう。