bunto_book_badge英作文こそ早めに取り組んでおくべき

英作文が志望校に出題されるなら、できるだけ早くから取り組んでおきましょう。英作文は英語の基礎が固まってから…と思っているといつまで経っても始められません!それに、英作文ができるようになるにはとても時間がかかります。できるだけ早く始めるのがいいですよ。この本には「実戦攻略編」という上位版があります。東大・京大や難関大学を志望するのであれば、この無印版は高校2年生の内には仕上げておきたいところ。
bunto_book_badge英文だけど英語じゃない?

英作文添削数3万件の著者曰く、日本語をそのまま英語に直そう(いわば直訳ですね)として「英語になっていない」英文を書いてしまう受験生が多いのだとか。この本では、日本語と英語の言語的な違いにしっかりと着目し、日本語的ではなく英語的な発想で英作文を書くことを目指しています。
bunto_book_badge勝ち取るべきは及第点、少しのずれは気にしない!

前述した「直訳で英語でない英作文を書いてしまう」現象は、細かい日本語のニュアンスにこだわった結果出てしまった、いわば不要な完璧主義。この参考書は、減点されない英作文のための知識を身につけることを目標としています。多くの受験生が「英語になっていない」英作文を書くというのなら、安全に正しい表現で、減点されにくい英作文を書くことを目指す方が賢明だと思いませんか?
bunto_book_badge汎用性の高い例文で、様々な文脈に対応

この参考書の良い所は、なんといっても実用的な例文たち。収録されている例文はどれも、そのまま英作文問題の中で使えるものです。
「名詞は常に単複を意識せよ。」といったタイトル・解説・例文で構成されるlessonが多数収録されている他、日本語を英訳しやすいように読み替える「和文和訳」のテクニックや、受験生のTypical Mistakes(名詞、代名詞、修飾後など)のまとめ、解説付きの練習問題などが収録されています。
bunto_book_badge失点を避ける戦略で合格をもぎとろう。

英作文は入試では配点こそ低いものの、なかなか点数が伸びにくい分野です。だからこそ、ここでは完璧主義で「点数を取りに行く」戦略ではなく、安全志向で「失点を避ける」戦略を目指すべきではないでしょうか。あなたもこの参考書で、「減点されない英作文」を目指してみませんか?


京都大学経済学部。大阪府吹田市出身。私立大阪星光学院高校卒業。大学ではアカペラサークルCrazy Clefに所属し、コーラスとリードボーカルを担当。音楽理論を取り入れながら、本格的に活動に打ち込む。