bunto_book_badge志望校に合わせ、英作文対策スタート

「模試や定期テストで英作文の点数が全くふるわない…」「そもそも英作文の勉強の仕方わからないし、ぶっつけ本番にしよう!」なんて思う方もでしょう。けれど、実は、多くの場合英作文は点の稼ぎどころ!なんです。慣れさえすれば。

ただ、この「慣れる」というのが難しいのも事実です。本書は、英作文の勉強を始める方にその慣れの感覚をもってもらうための一冊です。長い英作文が出題される難関大志望の人はやや物足りなさはありますが、短目の英作文が出題される私大・国公立大志望者は、本書と過去問演習で十分です。

bunto_book_badgeSimple is best

無理に「模範解答」を目指すのではなく、「シンプル英作文」を目指すというのが本書のにベースコンセプト。合格ラインに届くような簡単でシンプルな英語をつかった英作文を紹介してくれています。
基本パターンを33に厳選してくれているので、それらを暗記・理解していくことでシンプル英作文が実現可能です。

学び舎東京
3ヵ月で偏差値を15あげた医学部・東大・難関大専門の個別指導の予備校 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge和文和訳を習得せよ

まず「和文和訳」のコツ、基本パターンの解説と使い方、同じパターンで使える類例などが解説されています。問題部分は左ページに例題、右ページに使われる語句と和文和訳、考え方という紙面構成。左ページの例題の下には書き込み部分もついており赤ペンを使用すれば、赤シートを使った学習ができます。
和文和訳で問題文を訳しやすい日本語に直すというのが最重要ポイント。本番で小難しい文章が出題されても和文和訳してしまえば、その多くが、本書の基本33パターンで攻略できると思われます。

bunto_book_badgeまずは戦略を聞こう

付属のCDには「英作文が得意になるための戦略7」を収録。本編の勉強を始める前に聞き、頭に入れておきましょう。
通学時間や休み時間の息抜き、入浴中などに聞くのもおすすめです。模試や本番でも使えるテクニックがぎゅっとつまっている。

bunto_book_badge問題も解説も”味わう”べし

付属のCDを聞き、英作文を書くときの戦略を身に着けてから本編に移りましょう。本編では、まずSPEED LECTUREを読み、パターン解説を読み込むことが重要。解説を理解したらトレーニングに移り、最後の仕上げとして、FINAL TRYに挑戦しましょう。
本格的な和文英訳と自由英作文の講義がのっています。まずは徹底的にパターン部分をやりこむのが良いでしょう。本編全体を少なくとも2,3周はして、和文英訳をしっかり見につけたい。


京都大学理学部2回生。三重県立伊勢高等学校卒業。現在3回生での系登録を目前に、化学、地学など幅広い理系分野を学んでいる。小学生への指導も行っている。