bunto_book_badge国公立・難関私大の英作文を得点に結びつけよう!

国公立大学2次や難関私大で出題される英作文問題対策に向いています。ある程度、英作文の練習をし、基礎的な英文が書けるようになった後から入試直前までの使用がオススメです。

bunto_book_badge英作文のコツは「和文和訳」!日本語の置き換えがカギ。

英作文を効率よく得点に変えるためには、日本語にそのまま英語を当てはめるのではいけません。まずはより英語にしやすくするために、日本語をやさしい日本語に言い換える「和文和訳」が不可欠なのです。この問題集では日本語を同じ意味で、より簡単な日本語に置き換える練習をしっかりと積むことが可能。しかも、いかに簡単な英文で正確に伝えるかという力も鍛えることができます。

bunto_book_badge「この言い方ではダメなの?」そんな疑問をズバッと解消!

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

英作文の勉強で大変なのは自己採点ですよね。「解答とは違うけど、これもいいような…」なんてモヤモヤした気持ちになったことは英作文を勉強した人なら誰にもあるはず。この問題集は1つの日本語に対して、複数の答えを提示しています。だから自分の解答の正確さを確認しやすいんですね。またいくつか提示された表現の中から、自分の感覚や語感に合うものを選び取ることができます。これなら、英作文で自分だけの「必殺表現」を見つけることもできそうですね。さらに、1つ1つの表現のつなげ方や接続詞の使い方なども詳しく説明されているので、英文を超えて、英語の「文章」を書く練習にも活用できます。

bunto_book_badge合格答案を書くためには、合格基準を知れ!

「一体どのくらい書ければ合格になるのだろう?」、これもまた英作文の勉強では悩ましい問題です。この問題集では実際の入試問題集が使われており、しかも解答が「合格解答」と「模範解答」に分かれています。合格解答は入試の合格点に達している答案、模範解答はネイティヴならこう書くだろうというまさしく「模範」の解答です。合格解答を見れば合格に必要なポイントが効率よく押さえられます。とにかく合格点さえ取れればいい、という人はここから入試の合格基準を知りましょう。さらに進んでネイティヴ的な表現を身につけたい人は模範解答を見て、さらに磨きをかけるとよいでしょう。

bunto_book_badge間違っていてもいい、まずは手を動かしてみよう!

「書く力」は書くことによってしか身につけることができません。まずは自力で答えを作ってみましょう。そのとき、辞書や参考書は使わないこと。本番でも使うことができないからです。自分で一通り解答を作ってみたら、解答・解説を熟読しましょう。このときに、自力で答えを作るとき苦労して迷った人ほど、「なるほど!」という大きな感動を味わえるはずです。このあとは解説の内容を参考にしながら、辞書や参考書を思い切り活用して、自分でベストと思える答えを作り直してみてください。英作文は皆苦労するところ。楽な練習ではないけれど、頑張りきればライバルに大きく差をつけられるはずです。


京都大学教育学部相関教育システム論コース所属。千葉県市川市出身。渋谷教育学園幕張高校卒業。教育 NPO 法人 ROJE の関西学生事務局長として教育現場の変革に取り組む。