bunto_book_badge本格的な英作文力養成のためのはじめの一歩。

「英文法は一通り学んだけれど、英作文の勉強ってどうすれば…」と迷っている人は、まずこの参考書から始めてみるといいでしょう。初めて本格的に英作文に取り組む人を対象としているので、受験生はもちろん、高1・高2のみなさんがトライしてみるのもよいでしょう。
bunto_book_badge英借文→英作文のプロセスを学べる

英作文は英借文である、そう聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?英作文をするときは、全くのゼロから自分で英語を考えるのではなく、すでに覚えている英文からいろんなパターンを借りてきて作るのが英作文だ、ということです。しかし、一体どこから借りてくればいいのでしょう。英文法の勉強で覚えた例文などには、難しい表現が多く含まれていますよね。あれをそのまま使うのでしょうか?このあたりの疑問にこの本は答えてくれます。どうやって日本語を英語に直していけばよいか、その考え方やプロセスを学ぶことができるのです。
bunto_book_badge書きやすく、伝わりやすい英文を書くには?

当たり前ですが英作文には書く側と読む側がいます。書く側が、ただ自分の書きやすさばかり考えて書いたものは、読み手の側からすると分かりづらいものです。しかし、読み手のことばかり考えていては答案を仕上げるのに時間がかかってしまいますよね。そこで、書き手が書きやすく、また読む側にも伝わりやすい英文を書く方法が重要です。この参考書は、本格的に英作文の学習をスタートする人に、日本語をどう捉え、どのように考えれば書きやすく分かりやすい英文が書けるかを基礎から説明してくれています。
bunto_book_badge頻出の自由英作文対策もこれでバッチリ!

自分の意見を自由に述べる自由英作文は、今や英作文問題の主流になっています。自由英作文は一定のルールに従って書けば、内容は自分の好きなことで良いわけですから、実は得点しやすい問題形式だとも言えます。しかし、「自由英作文=難しい」というイメージのせいか、対策を後手に回している人が多いようです。この参考書ではPart3で自由英作文について説明されています。そこには自由英作文で守っておかねばならない決まりや、書き方のパターンなどが豊富に取り上げられ、どうすれば自由英作文で得点できるかが分かりやすく示さています。自由英作文が出題される大学を志望する人は、必ずチェックしたいものです。
bunto_book_badgeまずインプット、そしてアウトプット!

英作文は英借文ですが、まずは借りてくるパターンそのものが頭の中に入っていなければなりません。つまりアウトプットする前提として、使いやすい良質の英文をインプットしておかねばならないのです。このためにもPart1に出てくる例文はすべて暗唱するようにしましょう。まずは自力で答えを作ってみます。そのあとで解説を熟読し、理解できたら、例文を暗唱してしまいます。このとき暗唱した例文が、のちのち必ず役に立ちます。Part1はすべての例題について正解が書けるようになるまで、間違った問題は何度も繰り返しましょう。Part3では、とにかくアウトプットの練習をします。はじめはPart3に載っている表現を見ながらでもよいので、とにかく自分で英文を書いてみることが大切です。


京都大学教育学部相関教育システム論コース所属。千葉県市川市出身。渋谷教育学園幕張高校卒業。教育 NPO 法人 ROJE の関西学生事務局長として教育現場の変革に取り組む。