理解はできても点が伸びない、苦手分野をピンポイント攻略!

英文法が苦手と言うわけではないけれども、テストや模試になると点数が伸びてこない、そんなことはありませんか?本書はそんなふうに困っている人におすすめ。高1の日常学習にも、受験生の基礎固めにも。

学校の授業に合わせながら、あるいはテストや模試などの復習・苦手分野の強化のために、ピンポイントで使ってみると効果的です!

アウトプット・トレーニングで得点力を伸ばせ!

説明を聞けば分かるのに、得点には結びつかない。それは文法の知識が、活用できるレベルにまで身についていないことが原因です。この問題を解決するには、苦手分野の問題を一度にまとめて、徹底的に演習することが大事です。つまり頭の中に入っている知識を、集中的にアウトプットする練習をすることで、テストや模試で得点につながる水準にまで高めていかなくてはならないのです。この問題集では、単元ごとに「まとめ」、「基本問題」、「発展問題」がバランスよく配分されているので、1つの項目を集中練習するのにピッタリです!

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

記述式問題で実力をズバリ分析しよう

英文法問題集には選択式の問題を採用しているものが多くあります。知識を総チェックするときにはこのような形式が適していることもありますが、実力養成の段階ではデメリットも。とりあえず選んだ選択肢がうっかり正解だったりすると、本当は分かっていないのに、分かったつもりになってしまうことがあるのです。何が分かり、何が分からないかをしっかりとつかむ必要がある実力養成のステップでは、記述式問題の方が適しています。この問題集はほとんどが記述式問題。つまり「まぐれ」ではない本当の実力が分かってしまうのです!これを機会に分かっていないことを徹底的に洗い出してしまいましょう!

「何を」「どこまで」覚えるかがはっきり分かる

分厚い英文法の参考書を見ると、「こんなに覚えるの?」とそれだけで気がめいってしまうことも…。「何を」「どこまで」覚えればいいかというのは、英文法を学ぶときの悩みの1つです!この問題集では各単元について重要な文法事項を、シンプルに、かつポイントを押さえて1ページにまとめていますから、この「何を」「どこまで」がはっきり分かります。この1冊をしっかりとこなせば、英文読解や英作文の力も格段にステップアップすることでしょう。

実力に応じて取り組む問題を選択しよう

英文法が苦手な人は基本問題だけを一通り解いてみて、その後で発展問題に進むといいですね。ある程度の実力がある人は発展問題を中心に、苦手分野を1つずつつぶしていけばいいでしょう。また第1章から順番に進めていく必要はありません。自分の苦手とするところを、学校の定期試験や模擬試験に合わせながら、取捨選択して取り組んで、効率的に実力アップしていきましょう!