bunto_book_badgeどんなレベルの人でも、どんな時期からでも始められ

英語が得意・不得意にかかわらず、どんな人でも取り組むことができます。高1生から受験生まで、日常学習での熟語力強化から入試直前の総チェックまで、どんな時期からでも始められ、活用できるオールラウンドな英熟語集です。
bunto_book_badge文章の中で熟語を覚え、実戦力を鍛えよう!

辞書を引いてみると、1つの英熟語に多くの意味があるものがあります。しかも、そういう熟語ほど入試ではよく問題にされるもの。こういう熟語はその意味だけ覚えても応用が利かないし、また羅列的に覚えた意味は忘れやすいものです。やはり文章の中で意味を覚えてこそ、実際の入試で活用できるのです。この熟語集は200語程度の英文の中に重要な熟語がちりばめられていて、英文のページに続いて、次のページに各熟語の解説が載っています。また基礎的な文法の解説も併せて載っているので、熟語力と文法力を同時に鍛えられるんです!
bunto_book_badge熟語の重要性は英文法や構文にも匹敵する

英単語の勉強はみんな意識して頑張りますが、熟語の勉強は後手に回りがちです。また英文法や構文の勉強には余念がない人が、熟語となると関心が薄いというのもよくあることです。しかし、熟語は英文法や構文と同じくらい大事なのです。なぜならば、いかに英文法や構文の知識を駆使して熟語の意味を推測してみても、英熟語には独特の表現や予想もしない意味になるものも多く、それらの推測が役に立たないことが多いからです。そしてそのような熟語が正解のカギになっていることもしばしば。長文読解や和訳問題などのキーポイントになることも多いのです。
bunto_book_badge大学受験以外にも幅広いシーンで活用できる!

本書は受験を超えて、英語そのものを考えるときに重要な英熟語が数多く収録されています。大学受験に大きな効果を発揮するのは言うまでもなく、大学に入ったあと高校英語をもう一度確認しておきたいという大学生に、またTOEICの勉強を本格的に始めてみたい人にも最適です。また英会話では慣用的な熟語がよく登場するものです。スピーキング力を高めていく上でも役に立つことでしょう。
bunto_book_badge1日1文、毎日の積み上げを実力に変えよう

この熟語集には60個の英文が収録されています。1日1文ずつ、着実に進めていくとよいでしょう。すぐに訳を見たりしないで、分からない単語が出てくれば欄外に書いておき、辞書で意味を確認しましょう。次のページに載っている熟語の解説もよく読み、英文を何度か読み込んで意味を確認します。大切なのは見直しです。前日、前々日にやった英文は次の日も必ず見直します。こうすることで記憶が重層的になり、知識がしっかりと定着していき、やがて大きな実力として花開くのです。


京都大学大学院農学研究科応用動物化学専攻。iGEM Kyoto では活動では2012年のアジア大会で金賞を受賞し MIT での世界大会に出場した。大学院では、細胞を扱った代謝の研究を行っている。