bunto_book_badge難関志望の受験生に

東大を志望する受験生におすすめです。時間が取れる夏休みか、センター試験が終わった後の二次試験までの間に取り組みましょう。

bunto_book_badge「東大」特化の英語問題集

タイトルの通り、東大型の英語に特化した問題集です。Part1で分野別の東大入試英語の過去問、Part2でオリジナルの東大型模試を掲載しています。また、問題だけでなく、東大キャンパスの様子を載せた写真や、東大生の先輩からの受験アドバイスも掲載されています。合格者の1日のスケジュールもあり、参考になるでしょう。まさに「東大研究」の一冊です。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_book_badge傾向を把握、分析しよう

Part1では、和訳からリスニングまで全ての分野の過去問を約3年分掲載しています。近年の傾向から、多様な設問23題を厳選してあるので、全て解けば東大入試の英語の全貌が分かるようになっています。また、要約や英作文の解答には生徒答案例の添削も載せられており、自分の答案と見比べて採点することもできます。

bunto_book_badgeオリジナル模試で実力をはかる!

過去問や予備校の模試をやりつくしてしまった!という人にはオリジナル模試は必見でしょう。過去問を分析して作成された模試は、東大対策として必ず役に立つはずです。初見の問題を解くことで、本番で焦らず解く力もつくでしょう。解説も全訳からしっかりなされているので、自己採点もしやすいはずです。

bunto_book_badge徹底的に復習しよう

まずは分野別過去問を解いていきましょう。このとき、目標時間を設定しましょう。ただし、目標時間内に十分に解ききれなかった場合、自分が納得するまで解答を見ずにじっくりと考えるのが実力アップのポイントです。解き終わったら、解答と照らし合わせるだけでなく、「語句・構文」や「添削指導」、「き全訳」なども見ていましょう。しっかり復習することで、自分の苦手分野の力もついていきます。Part1が終わったら、オリジナル模試を解きましょう。時間を計って挑み、きちんと復習すると効果的です。全部やり終わっても、自分の苦手な分野はもう一度解いたり、リスニングはCDを聞きながらディクテーションしたりすると一層良いでしょう。あくまで英語のみの問題集なので、1ヵ月程度でこなしてしまいましょう。