bunto_book_badge長文読解の力をつける

難関私大・国公立大学志望で、ある程度の長さのある長文読解の演習をこなしたいという高校3年生向けです。時期としては、秋の模試や過去問対策のことを考えて、夏休みから始めるといいでしょう。

bunto_book_badge長文で大幅得点アップを目指せ!

本書は、難関大学の入試に出されるような600語~900語程度の英文15題で構成されています。文法や単語は分かっているはずなのに、長文になると文脈が掴めなかったり、時間が足りなかったり。そんなあなたにおすすめなのが本書です。本書を使って、英語の配点の大部分を占める長文読解に特化した学習をして、得点の大幅アップを狙いましょう。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_book_badge他にはない丁寧な和訳

解答・解説編には問題の解答解説だけでなく、本文の全訳も載せられています。ここまでは他の問題集でも見られますが、本書では段落ごとに訳と語句・構文が分けられており、訳がどこに対応するのか非常に分かりやすくなっています。本文の全訳をして、解説で答え合わせをするという勉強法が可能になり、京大などの長い和訳問題が出題される大学を志望する受験生には役に立つでしょう。

bunto_book_badge偏りのない幅広いテーマ

国公立大、私大、医科単科大など、さまざまな大学の入試問題を参考にしているため、色々なテーマの例文に偏りなく触れることができます。しかし、専門的すぎるということはなく、あくまでも大学入試で出される範囲の良問ぞろいとなっています。

bunto_book_badge目標を決めて短期で終わらせよう

15題あるので、1日1題やれば半月で一周することができます。自分の分からなかった単語や構文などには付箋、マーカーなどでしるしをつけ、それを重点的に見ながらもう一周してみましょう。一周目であまり問題が解けなかったという人はもう一度問題を解いてもよいし、問題がすらすら解けたという人は本文訳に挑戦するのもおすすめです。