入試長文対策の最初の一歩に。

英文法は一通り勉強し終えたので、そろそろ大学入試対策を始めたいと思っている人や、
長文読解が苦手で、基礎的な問題から解き直したいと思っている人に特にオススメです。

幅広いレベルに対応した良問揃いの問題集。解説も丁寧。

シリーズには「やっておきたい英語長文300」「500」「700」があり、この3冊でセンターレベルから難関大レベルまで対応しています。
長文問題突破の秘訣は、いかに良質な問題をこなしてきたかということです。伝統ある大手予備校による参考書なだけあって、良問が厳選されています。
問題集の大半のページが解説に割かれています。大まかには設問解説/構文・語句解説に分かれており、分からなかった箇所もかなり細かい部分までスッキリ納得できることでしょう。自習用課題として、この解説の詳しさはうれしいものですね。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

各冊の特徴

300:各文章で出てきた文法事項は「Point」としてまとめられており、他の文章で同じ文法事項が出てきた時に立ち返って復習できます。例えば、文章5で出てきた文法事項「付帯状況のwith」はPoint5としてまとめられており、それ以降の文章で付帯状況のwithが出てきた場合「Point5を参照」との記述があり、見返しやすい工夫があります。

700:英文で取り上げられている話題(インターネット、少子高齢化社会など)の知識を深めるためのコラムが「Topic」として取り上げられています。

専用ノート作成で徹底的に!長文ができれば難関大も怖くない!

専用のノートを一冊作り、問題の長文をコピーして見開きの右ページに貼りましょう。左ページに解答して、余った部分に単語、文法事項を書いていけば、本文にアンダーラインも引けるし、何周も解けます。
英語長文は、入試の攻略には絶対に欠かせないもの。このシリーズを制覇し解説を熟読すれば、難関大の英文も怖くない!