bunto_book_badge基礎が固まってから

私大医学部志望の受験生が対象。ある程度基礎が固まってから手を出したほうが良いので、授業がある時期は基礎固めに徹して、夏休みなどまとまった時間が取れるときに進めましょう。

bunto_book_badge私大医学部特化問題集

「私大医学部の英語」に特化したところが最大の特徴。普通の大学と比べて語彙レベルが高く、読解量が多い私大医学部の英語の演習ができる問題集は希少です。
第1章の文法・イディオム編、第2章の英作文編、第3章の長文読解編、第4章の英文和訳編まで、すべて私大医学部で出題された問題を使用しています。本書で私大医学部英語の特徴をつかみ、過去問演習に活かせば良いでしょう。

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_book_badge傾向分析も盤石

別冊に、『私立医科大・医学部28校 出題傾向徹底分析』がついています。各大学の難易度や、記述問題の出題傾向など、アドバイス付きで掲載されているのはありがたいですね。自分の志望する大学に必要なのはどの程度のレベルなのかが一目で分かります。
また、「医系英語表現集」として私大医学部入試にでるような単語のまとめが付属。イラストものっていて視覚的にも覚えやすくなっています。

bunto_book_badge4章は必見!

第4章英文和訳編は特に必見。英文和訳の問題でよく問われる構文・語彙上の重要表現を含んでいる英文を50個集めたもので、全て医系の内容であり、さまざまな話題が扱われています。英文和訳の練習をしたい人、手っ取り早く読解力をつけたいと思う人は何度も反復して利用しましょう。
私大医学部英語は時間との戦いになることも多いと思われますが、重要表現を覚えておくことで、英文処理速度も上がります。

bunto_book_badge地道なサイクルを反復

第1章から第4章まで、余すところなく進めましょう。解く→答え合わせと解説をじっくり読む、という地道なサイクルを繰り返すことが一番着実に英語力をつける方法です。
1日1単元ずつ進めていけば、1ヵ月かからず終わります。ここから繰り返し復習することが大切。何度も反復することで、重要構文や語彙などがしっかりと身についていくでしょう。


京都大学理学部2回生。三重県立伊勢高等学校卒業。現在3回生での系登録を目前に、化学、地学など幅広い理系分野を学んでいる。小学生への指導も行っている。