基礎固めの時期に英単語にじっくり取り組もう

ある程度の英単語の学習が終わっていて、受験に向けてじっくりと英単語を学習しようとしている人、特に英作文が試験に出題されたり、英語の長文で精読が必要となる人におススメ。時期としては高校2年生のうちには終わらせておければ心強いところだと思います。

知っているけど使えない、それでは意味がない

英単語をある程度覚えてしまうと英語の点数が伸び悩むことがあります。これは知識はあるけどそれが身になっていない状態が原因です。つまり「見たことはあるし、多分こんな感じの意味だったような…」という単語は増えているのですが、細かい使い方を知らないために長文でも意味があやふやになったり、英作文で使えなかったりすることがあるのです。このような状態を脱出するためには、やや難しく、試験で最も問題となりやすい単語について、意味はもちろん使い方や他の類義語との細かな違いを把握しておくことが大切です。この参考書では1つの単語について大きくスペースを割いて、意味だけではなく使い方や頻出のイディオムを紹介しているので、他の単語帳と比べて1つの単語について深くしっかりと理解を深めることができるでしょう。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

重要なものをピンポイントで深く学ぶ!

この単語帳に収録されているのは1000語と他の単語帳に比べて少ないです。この理由としては知っていて常識の単語ではなく、あくまで試験で出題されやすい単語に絞っているためです。そのため、ある程度英単語の基礎がある人でないと効果は出ないので、もし基礎で不安がある人がいれば他の網羅的な英単語帳と並行して進めましょう。

使い方、本当に知ってますか?

「いやいや、単語の使い方なんてなんとなく分かるでしょ!」と強気な人もいると思いますが、例えばaccuseとblameの使い方の違いがすぐに分かるでしょうか?分かったという人はこの参考書を使う必要はありません。分からないという人はぜひこの参考書を手に取ってみてください。単に使い方を説明するだけではなく、語源や覚え方などを載せ「試験で本当に使えるか」を意識したつくりになっているのできっと新しい発見が多くあるはずです。

「分かるか」ではなく「使えるか」に注目せよ

この参考書に取り組むときのポイントはひとつ。その単語の意味が分かるか、ではなく実際に自分が使えるかという視点を持って取り組むことです。具体的に使い方を述べると、単語の意味が分かるかどうかを確認し、次にどのようなシーンで使われるかなどをイメージしつつ使い方を確認する、という大きく2ステップから成ります。2週目以降は発音やワンポイントなども合わせて見ていくことで、申し分ない知識量になるでしょう。