英語が苦手なんて言わせない

中学で真面目に英語を勉強してこなかった…、でも英語で高得点を取りたい!そんな人におすすめします。本当に英語が苦手な人向けなので、少しでも英語に自信がある人には必要ありません。難関大学受験者はもちろん、大学受験を控えた学生には、最低限この単語帳に記載されている単語は理解してほしいと思います。英語が苦手であれば、高1の春から取り組むことをおすすめします。基本中の基本ばかりなので遅くても高1の秋までには完璧にマスターし、もっとレベルの高い単語帳に取り掛かっていただきたいです。

大学受験を考えている人にとっては必要な単語ばかり

1200語が収録された単語帳です。レベルは中学の復習からセンター試験の易しい単語まで網羅しています。基礎的で、易しい単語ばかりなので、逆に言えばこれができなければ英語の問題は解けないと思っておいたほうが良いです。イラストなどのないシンプルな作りで、無駄が全くありません。単語暗記だけに集中できるので、効率よく勉強することができ、捗ること間違いなしです。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

一歩一歩前進できる

5つのセクションに分かれています。セクション1・2は「中学校で習った200語」で、復習から始められるので、最初から難しい単語で挫折してしまうことはありません。セクション3は「テーマで覚える500語」、セクション4は「語法で覚える200語」で、まとめて覚えられ、思い出すのも簡単になるような工夫がされています。最後のセクション5は「センター試験によく出る200語」で、受験に向けての足掛かりを作ることができます。覚えるべき同意語、反意語もセットで載っているのでまとめて覚えましょう。順を追って覚える事ができるので、単語の暗記が不得意な人にでも、慣れ親しみやすい1冊だと思います。

一語一義主義の利点

1つの単語につき1つの意味を載せる一語一義主義です。色んな意味をわざわざ覚える必要がなく、とても楽に進められることは利点ですが、単語の持つ意味を1つも2つも同時に覚えたいと考える人には不向きです。1つの意味だけで大丈夫なのかと不安になりますが、中心的な意味を1つ覚えることで、文脈からさまざまな意味を推測できるようになるので、応用が利きやすい方法だと個人的には思います。いくつも固定された意味を一生懸命覚えるのは大変な上に応用が利きにくいため、どんな文脈にも柔軟に対応できる一語一義主義は効果的だと思います。

忘れるのは当然です。計画的にこつこつと!

1日に何語暗記すると決めて計画的に進めていきましょう。先を行くライバルたちに追い付くためにはかなりのハイペースで進めなければいけません。小さくて持ち運びやすいサイズなので常に持ち歩き、通学時間などの隙間時間に勉強しましょう。余裕のある日は1日100語に挑戦してみましょう。意味が赤字で書かれているので、赤シートを活用し、何度も繰り返し単語に触れるようにしましょう。また無料音声をダウンロードできるので、発音やアクセントの確認に使用すると良いと思います。