英熟語はこれ一冊をやりこめ!

「とっさに熟語が思い出せない」「長文を読んでも熟語に気づけない」こういった悩みは英語学習者の誰もが通る道でしょう。普通の熟語帳をただ覚えていけ、ばすぐに使える知識になる。そんなはずはありません。この『解体英熟語』は、圧倒的な収録数、見やすいレイアウト、「問題集・参考書・例文集が三位一体」というコンセプトから、他の熟語帳を圧倒した存在となっています。英熟語を勉強するならとりあえずこれをやっておいて間違いないとはっきりいえます。熟語が出やすい中堅私立大あるいはMARCH・早慶など難関私立大志望の人には特に重宝するでしょう。

一冊で三役果たす

本書は、「問題集」「参考書」「例文集」の役割を一冊で果たしてくれます。右ページは問題集、左ページは参考書という構成になっています。本当に必要な熟語を網羅していて、覚えやすく、いつまでも忘れないような工夫が凝らされています。そのため一冊終えるころには、今まで熟語を覚えられなかった人や、間違ってばかりいた人も、熟語を使いこなせるようになっているでしょう。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

成り立ちからの暗記がカギ

ありがちな「覚えたつもり」を排除するため、熟語はすべて例題形式によって、繰り返し反復練習が出来るようになっています。例題例文あわせて1000題以上の入試問題を掲載。ほとんどの熟語に、暗記のためのヒントが付けられています。熟語の成り立ちを理解すれば、忘れることはありません。

嬉しい工夫がたくさん

熟語を覚える上で重要な前置詞を「前置詞整理ノート」でまとめたり、細かい分類から熟語を見つけられるようにしたり、使いやすくする工夫が凝らされています。特に、出題頻度・重要度が掲載されているので、時間のない受験生は、頻度が高いものから進めていくとよいでしょう。分量は多いですが、全て取り組めば、英語長文を読むためのしっかりとした土台を築くことができます。

焦らず地道に反復学習

これから熟語を勉強するという人は参考書部分(左ページ)から、ある程度勉強しているという人は問題集部分(右ページ)から始めるとよいでしょう。上級編まであわせて984の熟語が掲載されています。一日いくつやる、などと決めてこつこつ進めていきましょう。あせりは禁物。何周もして定着させていきましょう。熟語などの暗記は反復が大切です。