英単語を耳で覚えてセンターを攻略!

CDなどの音声を使い英単語を耳で覚える新感覚の英単語帳です。収録されている単語はセンター試験から中堅私大レベルなので基礎から学びたい人にも最適。高校1年生の基礎固めの時期からセンター・私大対策まで幅広く使えます。今までの目で見て書いて覚えるタイプの単語帳になじめなかった人もトライしてみるとよいでしょう。

リズムに乗って楽しく単語を覚えられる

英語を耳で聞きながら、リズムに乗って楽しく覚えるのがコンセプトの単語集です。1日16語、10週間で覚えるスケジュールが組み立てられているので、自分で学習のプランを立てるのが苦手な人でも使いやすいでしょう。英単語の暗記と言うと、無味乾燥な作業になりがちですが、耳で聞いて声に出してみるというやり方で、自分で主体的に暗記することになり、単語を覚えるのが苦手だという人も、単語への新たなアプローチができるはずです。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

発音問題などにも効力を発揮!

もともと言語は音から先に生まれています。文字は音に続いて生まれてきたのだから、単語を覚えるときもまずは音を押さえるというのは正しいやり方なのですね。私たちが子供のころ日本語を覚えるときも、まずは音を先に覚えて、文字を覚えるのは小学生になってからですよね。センター試験をはじめ、発音やアクセントの問題は私大でも頻出です。この単語帳なら、単語の意味を覚えながら発音・アクセント問題に対応できます。また付属のCDは「英語⇒日本語⇒英語⇒ポーズ」というまとまり(チャンツ)の形式で音声収録されているので、リズムよく覚えることができます。

長文問題で暗記の仕上げを

各章の終わりには長文問題のReviewがあります。学んだ単語を長文の中で復習することができるんですね。この問題をうまく使えば長文読解の勉強にもなります。また長文問題もCDに収録されているので、読み込んだ後はシャドーイングに活用するとよいでしょう。耳で聞くだけでなく、自分で発声してみることで記憶はより深くなります。またCDを真似しながら発声することで英語のリズムをつかむことができるので、英文を読むスピードも上がってくるのです。

スキマ時間を活用して効率よく覚えよう

耳で聞いて覚えるので通学時間や学校の休憩時間など、スキマの時間をうまく活用するとよいでしょう。スキマ時間である程度学習したら、長文問題Reviewを読み込んだり、シャドーイングするとよいですね。1日16語というスケジュールが組んでありますが、難しいようなら1日に覚える単語数は減らしてもよいでしょうし、逆に英語が得意な人なら1日当たりの単語数を増やしても構いません。自分に合ったペースを見つけることが、挫折せずに最後までやり通すためには大事です。