基礎的な単語はカバー

基礎的なレベルの単語はこの1冊で十分カバーできます。高校2年生から高校3年生の初めくらいの、受験を意識した勉強を開始する時期にぴったりでしょう。難関大以上を目指す受験生であれば、より難しい単語に取り組まなければいけなくなります。早めに仕上げておくことをオススメします!

キク!単語帳

姉妹編のキクタンリーディングEntry と同じように、英単語を目だけでなく、耳からも覚えていこう!ということをメインテーマにしたちょっと異色の単語帳です。CDがついていたりするのは今や一般的ですが、ここまで耳(音)にこだわった単語帳は珍しい方だと思います。

さらに、新出単語を含んだ長文を併記することで、文脈の中でどう使われるのかということも理解しやすくなっています。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

発音してみよう

1日あたりの学習量めやすが12語と、一般的な単語帳に比べるとペースはゆっくり目。無理なく進めることができます。見開き1ページで12単語、次のページで長文ととてもわかりやすいページ構成も魅力のひとつです。

Entry版同様に、1週間ごとの確認テストも掲載されて、定着の確認も行うことができます。ちなみに、Basic版のテストはEntryのものよりやや実践的になってます。

着実に基礎単語を学ぶ

コーパスを徹底活用して、「将来英語と使う土台となる4000語」の語彙レベルから基本語が選ばれています。試験によく出て、かつ、実用性も高い語彙を選定をしているところ、さすがアルクから出ているだけあると思います。(ちなみにアルクの本はみんな表紙がかわいくていいですよ!)

CDを徹底的に使おう!

キクタンを買ったからにはCDを活用しない手はない、というかCDを使わないなら他の単語帳でも良いと言っても良いくらいです!
音読は正しい手順で行うのがポイントです。内容を理解した文章を、リピーティング→シャドウイングとすすめていくと良いでしょう。1週間に4題すすめると、ちょうど3ヶ月で終了します。音読までしっかり行えば、単語だけでなくリスニング力や速読力も身に付くことは間違いありません!