英単語を磨き上げる!ピーナッツシリーズ完結編

難関大志望者で英語を武器として磨き上げたい人や最難関大を目指す人におススメ。時期としては他の教科の基礎固めが終わる高校3年生の夏あたりから秋にかけて勉強すると良いでしょう。高校1、2年生の人は銅メダルコースと銀メダルコースをマスターしてから取り組むこと。

試験で差が付く難関単語をピーナッツで覚えてしまおう!

銅メダルコースと銀メダルコースに比べると、金メダルコースはかなり単語の難易度が高い。めったに見ないような「これって試験に出るのか?」という単語もあることだろう。ただこういう単語で試験当日は明暗が分かれることも少なくないですから、難関大以上を目指す人にとっては必須とも言えるでしょう。難しい単語も英単語ピーナッツで覚えてしまえばラクラク!

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

息抜きに英単語ピーナッツ!

銅メダル、銀メダルコースに引き続いて金メダルコースでも、カラフルで見やすい構成がとられています。おそらくこの単語帳を始める高校3年生の夏ごろは、受験を本格的に意識し始めてがつがつ勉強している時期だと思いますから、その勉強の「息抜き」としてこの単語帳を読み流すのが良いでしょう。

なぜ、「英単語ピーナッツなのか?」
間に挟まれるコラムでは、筆者や高校で教える先生たちの効率の良い勉強法や、「なぜ英単語ピーナッツなのか?」ということが触れられています。英単語帳はこの英単語ピーナッツを含め、それぞれの本によってクセがあるものも多く、きちんと特性と勉強法を理解しておくことが意外と大切になります。ぜひ本屋などで単語帳選びに迷ったら、このようなポイントに気を付けて選んでみてください。

二次試験前まで何度も繰り返そう!

使い方は銅メダルコース、銀メダルコースと基本的に同じです。一つの英単語ピーナッツにつき日本語と英語が裏表に載っているので、日本語を見て英語が書けるように、逆に英語から日本語が分かるようにする練習をひたすらにしていきましょう。難しいと思った時もすぐに答えを見るのではなく、横のお助けリストを使ってなんとか思い出す努力をしよう。この単語帳を終えたのであれば、他の単語帳に手を出す必要はありません。繰り返し復習し、ここに載っていない単語については問題集や模試を復習して出てきたものだけを拾っていけばいいでしょう。