bunto_book_badge文法を完璧にする

漢文に慣れてきた高校2年生、またはすでに習った文法を一気に定着させたい高校3年生におすすめです。遅くとも高3の夏休みが終わるまでには完成させておきたい一冊です。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_book_badge順を追ってステップアップ

漢文を読み、問題を解くときに必要不可欠なのは、文法力・語彙力。本書は、これら身につけるための参考書です。ポイントからドリル、ドリルから基本問題、そして練習問題、と順を追って学習を進めていける構成になっています。基礎知識を着実に自分のものにしていきましょう。

bunto_book_badge着実に土台を積み上げる

まず最初にあるのが『ポイント』。再読文字や重要な句形の基本パターンとその訳し方などを紹介しています。ポイントの確認が終わったら次は『ドリル』が用意されています。ポイントの知識を定着させることが目的です。その次の『基本問題』は少々難しく感じられるかもしれませんが、本文の下に書き下し分・全文解釈、解答のヒントが掲載されているので、漢文を始めたばかりの人でも無理なく進められるでしょう。仕上げの『練習問題』は実際の入試問題に近い出題形式になっています。自分の頭で考える訓練をして、漢文の得点力を向上していきましょう。

bunto_book_badge適度なボリューム、充実の内容

丁度良いボリュームで・さくさく進めることができます。シンプルながら、漢文の構成から使役形、比較形などの構文が満遍なく学べるように作られています。コラムも合間にはさんで読むと、勉強効率がさらに上がるかも!?

bunto_book_badge地道に取り組むのが一番の近道

順番通りにこつこつ進めていきましょう。受験までまだ時間のある高校2年生は、入試問題を想定した練習問題はとばして後にとっておく、というのも良いでしょう。高校3年生はきっちり進めましょう。一日1単元やれば10日で終わります。これを目標にさくさく進めていきましょう。その後は2,3周とやりこみ、自信が付いたら他の問題集などにうつりましょう。