古文単語を楽しく学ぼう!

これから古文単語を覚えようという人や、何度もチャレンジしたけど古文は苦手で単語覚えも嫌いな人、理系受験生で古文にはあまり時間を割くことができない人が、楽しく古文単語を学ぶために使うとよいでしょう。単語の暗記という無味乾燥な作業から解放されて、楽しみながら単語を覚えることができるはずです。

イラストと例文で古文単語を解説

ゴロで覚えるというと、どうしても「キワモノ」的なイメージが持たれますが、本書は入試によく出る古文単語を50音順に565語収録しています。収録数としても充分と言える量を確保しているのです。もちろん各単語には記憶を助けるためのゴロがついていますから、それを頼りに古文単語を覚えるきっかけとするとよいでしょう。また重要な単語についてはイラストと例文、そして詳しい解説がついています。書名からはちょっとお気楽なイメージを受けますが、なかなか本格的な単語帳なのです。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

強烈なインパクトで記憶に残る!

何かを覚えるときにはインパクトが重要ですよね。そのインパクトとして本書ではゴロとイラストを用いているのです。イラストやギャグがふんだんに盛り込まれていて、漫画を読んでいる感覚で読み進められるでしょう。またゴロそのものが記憶に残るように工夫されているので、楽しみながらも重要古語の意味を頭に入れることができるはずです。ただしイラスト部分だけを見て覚えた気にならないように。例文や解説にもきちんと目を通しましょう。

耳から覚えて、辞書的にも使える

古文単語帳には珍しくCDがついていますから、通学時などに耳から学習することもできます。一般に記憶する際は、できるだけ多くの感覚を用いるとよいと言われますから、目で見るだけでなく耳も使うのは暗記の方法としては正しいやり方です。また50音順に収録されているので、辞書として活用することもできます。読解問題をやりながら分からない問題が出てきたら、本書で調べてみるというやり方もよいでしょう。イラストやゴロによって強烈に印象に残り、その場で単語を覚えることができるはずです。

ゴロで得た知識も活用してこそ

ゴロを活用して古文単語の意味を楽しみながら覚えるのが本書の目的です。力を抜いて何度か繰り返し読んでみるうちに意味を覚えることができるでしょう。しかし、意味を覚えただけでは対応できない問題が多く出題されることもあります。覚えた意味をもとにして、前後関係や文脈から柔軟に意味を考える力も必要です。知識はそれを活用してこそ得点に結びつくものです。ゴロを使ってまずは知識を仕入れて、それを自在に使いこなすように読解問題などで練習しましょう。