bunto_book_badge古典文法の基礎を押さえたら読んでみよう

古文文法の基本を押さえてるために、古文初心者にもオススメ!ただし動詞や助動詞などの活用が理解できていないと分かりづらい個所もあるので、学校の文法書などを一通り終えた後で、基本の振り返りと入試で出るポイントを学ぶために取り組むのが最も効果的でしょう。

bunto_book_badgeまるで講義を聞いているような心地よさ

この参考書は講師が語り掛けるような口調で書かれているのが最大の特徴です。文語体の解説自体が難しい参考書とは異なり、すいすい読み進めていくことができるのです。しかも予備校の授業をそのまま紙面に起こしているような構成で、ゴロやイラストなどを用いて、受験生が覚えやすいように工夫してくれています。

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_book_badge重要・頻出の文法ごとに押さえていこう!

学校の文法書は用言の解説から始まって体系的に文法を説明していますよね。「こんなの受験に出るの?」ということまで細かく説明されていたりします。一方、この参考書はあくまで受験を意識しているので、入試で重要かつよく出る項目ごとにまとまっています。とにかく受験で得点を取りたい!という人には最適と言えるでしょう。しかし「基本を系統的に勉強していきたい」という人は、学校の文法書などを合わせて利用するとよいでしょう。

bunto_book_badgeどうすれば点になる?覚えることを仕分けしよう

たとえば助動詞などは、一つの言葉に多くの意味を含むことがありますよね。「む」や「べし」がその代表と言えるでしょう。学校で使う文法書では、その意味をすべて均等に解説していますが、この参考書では入試に出るところだけを説明し、他のところは思いきって切り捨てています。また何を覚えるべきかの優先順位を明確にしてくれているので、他の科目に時間を取られる人が効率よく勉強できるようになっているのです。

bunto_book_badgeレベルに応じた使い方を変えてみよう

古文初心者の人は、まず解説のページを熟読しましょう。まずは動詞・形容詞・助動詞・敬語などについて理解度を確かめながら読み進めましょう。そして説明の後の練習問題はいったん飛ばしてもいいでしょう。ある程度古文を学習している人は、最初から順番に読み進め、途中に出てくる練習問題にもチャレンジしてみましょう。ただし必要に応じて文法を体系的に見直すことも忘れずに。知識が散発的にならないうに注意しながら頻出事項をマスターしましょう。