bunto_book_badge「古文、向いてないかもしれない」の一言はまだ早い

古典を習い始めた人、または古典文法が苦手で整理しなおしたいという人におススメの一冊です。「学校で習ったけど、覚えること多すぎ!もう私古文苦手だ~っ」と投げ出す前に一度取り組んでみてください。古典文法を習い始めた中学生からできる初歩的なレベルからスタートできます。とにもかくにも古典文法は基礎が命!高校3年生までに基礎固めを終えておくと後々がとても楽になりますよ。

bunto_book_badge古典文法って結局何を勉強したらいいの!?

1ページ内に「ここだけは絶対に押さえておけ!」というポイントと、対応する問題がきっちり収録されています。数トピックごとに設けられている練習ドリルを解いていくと、基礎的な問題への対応力が自然に身に付いていきます。「古典文法って、結局何をどう勉強していいのかわからない!」という人にとても優しい設計になっているので、苦手な人にこそオススメのドリルです。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_book_badge覚えることは最低限に!

「優しい設計だなんて言ってるけど、本当にこの参考書に出てくることだけ覚えてればなんとかなるの?」という感想を持つ人もいるかもしれません。答えは「なんとかなります」です。そもそも古典文法は一度理解してしまえばその後の試験などで、そこまでひねったものが出てくることはほとんどありません、つまずく人は全員、基礎の部分でつまずいているのです。騙されたと思って一通りしっかりと取り組んでみてください、きっと古典文法に対する意識が変わるはずです。

bunto_book_badge三日坊主も三日で出来る量だから安心

せっかく始めた参考書も数週間後には記憶の彼方、なんてことも受験勉強ではよくあることですね。この参考書は他の参考書に比べて練習問題が少ないので比較的さくさく進めることができるはずです。古典文法の勉強は一分野にじっくりと時間をかけて取り組むより、全体を何度も何度もさらって文法の体系をなんとなく掴むことが大切。練習問題は基礎が固まってきたと思ってから始めるくらいがちょうど良いでしょう。一週間から二週間あれば一通り終わるはずなので本物の三日坊主さんでもちょっと頑張ってみると終わらせることができますよ!

bunto_book_badge古典文法の辞書として使おう!

学校の授業と並行して進めるのが理想的ですが、それが出来ない場合は2週間以内に一通りこなしてください。一通り練習問題の部分なども埋めたあとは、試験前に最後のチェックとして読み直したり、試験後に分からなかった文法問題のところを一読するなど古典文法の辞書として使いましょう。