これから現代文に立ち向かうあなたのために

あなたは今ゲームをしています。目の前には強そうな敵。この敵をどうしたら倒せるでしょうか? 何度も戦って、相手の動きを覚える。別の場所でレベルを上げてから挑む。いろいろな方法がありますね。では、効率よくその敵を倒すにはどうすればいいでしょうか? 答えは簡単、「攻略法」を知ってしまえばいいんです。
現代文が苦手だ。自分の読み方が正しいのかが分からない。そんな悩みを持っている人は多いのではないでしょうか? それは、現代文の「攻略法」、すなわち「正しい読解法」を知らないことが原因なのです。この参考書は、これから現代文に挑むあなたに、「正しい読解法」を伝授してくれます。

あなたは「正しい読解法」を知っていますか?

自分の読解法は正しいものでしょうか? それを判別するためには、実際に問題を解いてみることが不可欠です、この参考書は、まず問題を解き、その解説の中で、現代文の「読解法」を詳しく説明していくという構成になっています。「自分の読解法」と「正しい読解法」との違いを、解説を通してつまびらかにしてくれるのです。違いが分かれば、後はそれを直すだけです。効率よく習得していけます!

kumiko895-ec
10年ぶり英語への挑戦で、TOEIC895点。秘訣は「毎日続けること」への科学的アプローチ
PR

「わからない」とおさらば!あなたの理解を解説が後押し。

皆さんは、国語の参考書選びで何を重視しますか? いろいろあるかとは思いますが、「解説のわかりやすさ」を挙げる人も多いのではないでしょうか。この参考書は、その「わかりやすさ」のために、次のような工夫が施されています。まずは、やさしい語り口で書かれていること。これにより、国語が苦手な人でも読みやすく、内容が理解しやすくなっています。そして、図や矢印、色分けなどの多種多様な効果を使い分けていること。これにより、視覚的にも理解できるようにしています。「わかりやすさ」を突き詰めた解説に仕上がっています。

目的地まで迷わない! 自然と身につく問題構成。

問題を解いていると、突然難しい問題が表れて先に進めない。こんな経験、1度はあるではないでしょうか? この参考書は、「正しい読解法」を説明しているSTEP1と、それを問題演習の中で確認するSTEP2とに分かれています。また、文章の長さが、後の問題にいくにつれ長くなるように配置されており、難易度が徐々に上がっていくように工夫されています。そのため、いきなり難しい問題が出て、やる気なくすなんてこともありません。参考書に沿って進めていくだけで、自然に「正しい読解法」が身についてしまいます!

伝授します、あらゆる敵の攻略法!

現代文の出題形式は、「選択式」と「記述式」の2つに大別されます。参考書には、これらを別々に解説しているものもあります。なぜか? 「選択式」と「記述式」とで、解き方が違うと考えているからですね。ですが、「正しい読解法」を身につけていれば、そんな違いは関係ありません! この参考書では、選択問題、記述問題とも出題されています。「正しい読解法」で読み取った内容を、答案にどう表すかの練習ができるのです。つまり、これ1冊で、あらゆる出題形式に対応できるというわけです。

1ヶ月で準備完了! 早く身につけ、いざ戦いの場へ。

1日に1題ずつ問題を解いていきましょう。その際、問題の正誤ではなく、答えを出すまでのプロセスに、自分のやり方と解説とで違う点がないか、に注目するようにしてください。また、「正しい読解法」を完全に自分のものにするために、最低でも2周はするようにしてください。問題は全部で15題用意されていますので、2周すればちょうど1ヶ月となります。夏休みなどを有効活用して、「正しい読解法」を自分のものにしてしまいましょう!
自分のものにした後は、ひたすら問題演習を重ねましょう。問題演習の中で、その攻略法をもっと上手く使いこなせるようにしていきましょう!