bunto_book_badge迷ったらコレ!

「現代文の参考書を何か始めたいけど、いっぱいありすぎて迷う……。」という人はこの参考書を手に取ってみてください。レベルとしては難関大向け。全科目の基礎が固まってくる高校2年生の夏休みから、過去問を意識し出す高校3年生の夏休みの間くらいに始めるのがおススメです。

学び舎東京
3ヵ月で偏差値を15あげた医学部・東大・難関大専門の個別指導の予備校 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge現代文の筋力トレーニング

基礎確認編の【ステップ1】と発展編の【ステップ2】の二部構成で、現代文の地力を上げるのに有用です。筋力トレーニングも低負担のものから徐々に高負担なものに変えていくことで初めて力が付きますが、現代文も同じで、基礎的な問題をこなした後に発展的な問題にチャレンジすることで「実際の試験ではどこでどのように問題をひねってくるのか」という点を明確に掴むことができます。

bunto_book_badge現代文が苦手な人にも対応!

「ちょっと現代文が苦手だけど実践で力を伸ばしたい」という人はぜひこの参考書をやってみてください!本文中の語句や読解の方法をきめ細かく解説してくれているので、「次への活かし方」を学ぶことができるはずです。現代文の手引き書を読むより短時間で、しかも試験に出るところだけをピンポイントでおさえることができるため「時間が無いけど、安定して現代文の点数を上げたい」という希望をかなえてくれる一冊です。

bunto_book_badge解説を読み込め!

ステップ1の基礎的な問題を解き、間違えたり理解が不十分なところは解説をしっかりと読み込む。そのままステップ2に移行し、ステップ1で学習したことを踏まえて問題を解きましょう。くれぐれも、ステップ1で学んだことを活かすように気をつけて下さいね。現代文の問題集は淡々と解くばかりで何も得られないということが起こりがちです。せっかく学習するならば、学んだ内容が身に付いているか、きちんと意識しながら学習したほうが効果もモチベーションも上がるはずです。