センター現代文を得点源にしよう

センター試験の現代文に特化した参考書です。ある程度センター試験の形式を把握してから使うのがよいでしょう。センター試験を確実にものにしたい、難関国公立大学志望の受験生に向いています。高3の夏~秋ごろ、センター模試が増えてきたころに並行して使用するのがオススメです。

現代文をロジカルに、確実に得点源にするために活用しよう

センター試験の現代文において大切なことは、あいまいに問題文を読まずに、しっかり根拠のある読解法を用いて読み進めることです。センター前にいきあたりばったりで問題を解くのではなく、まずはしっかりと解法を身につけることが得点源への第一歩となります。本書では、センター現代文をデータ分析し、パターン化した29の解法を紹介するとともに例題で実践的に身につけることができます。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

文章構造を可視化! あいまいな部分をしっかり解消

「順接」「逆接」「言い換え」「対比」など、現代文を読み解く際の文章構造を記号化して読むという解法を示してくれます。これにより、あいまいな読解ではなく、文章構造を目に見える形で読み解き、論理的に解くということができるようになるのです。「現代文はフィーリングで解くしかない」と思っていた方も多いかもしれませんが、本書を一通りこなすことで「現代文はパターンだ」と思うことができるようになります。

また、センター現代文をしっかり分析し、解答の根拠がどこにあるか(例:傍線部の前後5行など)、データを示しながら解説してくれるため、解法と同時に「どこを重点的に読めばいいか」という読み方も知ることが可能なのもポイントの一つです。

豊富な文章で解法を身に着けよう

ただパターンを解説するのみでなく、例題とともに解説されているため実践的に覚えることができます。この問題を解くことでも問題演習になるほか、実際にどのように文章を読み解いていくかがすんなり頭に入ってくるため効果的です。

短期集中で取り組み問題演習へステップアップしよう

本書の問題を解くことも演習にはなりますが、一番効果的なのは本書を一通りこなしてから問題集や模試に取り組むことです。また、模試を受け終わった後に本書と照らし合わせてもう一度見直すと、試験中はわからなかった部分についてどのように解いていくかがしっかり覚えられます。センター試験前のチェックにも活用できますし、直前まで効果を発揮する一冊です。