『高校 トレーニングノートα 現代文読解(改訂版)』

出版社:受験研究社
icon_subject

assocbutt_or_buy._V371070157_

bunto_book_badge長期休みの自主課題として

本書は高校1年生または現代文が苦手な高校2年生が対象です。早いうちに終わらせておくのが理想ですが、夏休みなどの長期休みに丁度やり切れる量なので、夏休みの自主課題として取り組むことをオススメします。

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_book_badgeバランスよく広範囲を取り扱った一冊

小説や随筆などの様々なジャンルの文章、そして選択問題と記述問題の両方が取り扱われており、非常にバランス良く構成されています。さらに漢字の書き、読み問題や語彙問題までカバーしているので、現代文の基礎的な力をつけるのにはピッタリの一冊です。

bunto_book_badge今のうちに感性と知識を養うべし

本書に収録されている文章は読んでいてためになる良文ばかりです。受験が差し迫っていない高校生1、2年のうちに、こうした文章に部分的にでも触れておくことは非常に有効。現代文を読むうえで最も大切な感性や知識を培うことができます。読み物として面白いものがそろっているので、楽しみながら勉強ができるでしょう。

bunto_book_badgeミソは採点にあり!

本書では記述形式の問題も収録されており、その採点も自分ですることになりますが、現代文の学習のミソはこの採点のステップにあると言っていいでしょう。採点する場合に注意するべきなのは、もちろん一言一句解答と同じかどうかではなく、むしろ全く違う文章だったとしてもそこに含まれているキーワードが合っているかということです。そして復習するときは、自分の解答に抜けていたキーワードに着目して本文と問題を読み直しましょう。このようにすることで、解答を書くときにどのような点を含ませて書くべきかということが身に付いてくるはずです。

bunto_book_badgeこつこつと継続が重要

基本的に普通の問題集と同じように取り組めば良いでしょう。見開き1ページで1文章なので、それを1つの区切りとして進めてください。1日にたくさんすすめるよりも1日1題を最後まで続けることがポイントです。


京都大学法学部4回生。私立神戸女学院高等部卒業。合氣道同好会と美術部に所属。京都大学のiCeMsやカラスマ大学の活動にも参加。オンライン塾講師も経験。