bunto_book_badge国公立2次で数学を必要とする人にオススメ!

多くの学校で採用されている定番の受験問題集。しかし手応えのある問題が多いため、基礎を完成させた中・上級者向けと言えるでしょう。特に国公立2次で数学を必要とする人が使用対象と言えそうです。基礎的な事項が頭に入った後、2次試験直前まで活用することが可能です。

bunto_book_badge入試レベルの問題にチャレンジしたいと思ったら!

一通り基礎を学び終わった後で、入試レベルの問題に挑戦したいと思ったらこの問題集の出番です。そもそも「有名大学の理系受験向け」に作られていますから、掲載されている問題はなかなかの難問ぞろい。ここに載っている問題を解きこなせるようになれば、難関大入試の数学も怖くなくなることでしょう。数学を武器にしたい受験生はぜひ取り組んでおきたいものです。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_book_badgeまずは基礎を固めてから取り組もう。

書名には「スタンダード」とありますが、収録されている問題にはなかなか手ごわい難問が多く、難しく感じるかもしれません。基礎がしっかりと固まっていないと、まるで歯が立たないということもあるでしょう。「これは手が出ない…」と思ったら、一度本書から離れて、別の問題集で基礎を固め直すのも1つの方法です。基本が押さえられていないうちから取り組んでみても、かえって効果は薄いでしょう。ある程度の実力を養った上で、もう一度トライしてみましょう!

bunto_book_badge独学には向かない面も…

入試レベルの良問・難問が満載のこの問題集ですが、残念なことに解説がほぼありません…。そこで独学で進めていくには厳しい面もあります。分からない問題が出てきたら学校の先生に質問をしたり、友達同士で答え合わせをしてみたりと、取り組みには工夫が必要です。また解答の記述方法などは、別の問題集や参考書で習得しておく必要があります。しかし載っている問題はチャレンジする価値があるものが多いので、やり方さえ工夫すれば、実力アップの強い味方になってくれるでしょう。

bunto_book_badge問題の取捨選択は必須!

載っている問題の数がかなり多いので、時間のない人はすべて解く必要はないでしょう。印の付いた問題だけを解いてみるなどして、問題の取捨選択を行いましょう。また、骨のある問題が多いので、解答時間に制限を設けるなどメリハリのある使い方をすることが大事です。数学に自信がある人は、一通りやってみて、1回目で解けなかった問題だけやり直すというやり方を取ってみるのもいいでしょう。自分に必要なレベルに応じて、上手に活用したいものです。