bunto_book_badge難関大数学へのあと一歩のために

難関校を目指す受験生向けです。二次試験対策に使用しましょう。学校や塾で数学の範囲は全て終わらせたのに、なぜか問題になると解けないという人におすすめ。高3の4月くらいから地道に取り組み始めるとよいでしょう。

bunto_book_badge高校で教わることだけで十分?

標準レベルから難関校と呼ばれるレベルまでの大学の二次試験の問題と、そのために必要な思考法を載せた一冊です。知識が身に付くというよりも、問題に対する考え方が鍛えられます。高校範囲外ですが、入試に役立つ内容も掲載されています。そのため、学校で教わる数学と実際の二次試験に出題される数学との差を埋めることができるでしょう。受験生のほとんどが苦手とする整数問題、平面・立体図形などについて詳しく解説されています。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_book_badge正しい思考を学ぶ!入門の部

この問題集は、入門の部と試練の部に分かれています。入門の部では標準レベルの大学入試問題を扱っています。入門の部ではまず基本事項が載せられているので、しっかりと読んで確実に理解しましょう。次に基本事項を利用して解ける入試問題が載っています。問題の下に考え方のヒントも載っているので、正しい思考法を身に付けられます。

bunto_book_badge解きごたえ抜群!試練の部

試練の部では東大、京大といった超難関校の入試問題を扱ってます。試練の部は難問ばかり。簡単な問題では物足りないという受験生にとっては、解きごたえのある問題がそろっています。数学が苦手な受験生も、解答のところにCOMPASSというヒントが載っているので、それを参考にして解くことができます。

bunto_book_badge解法を自分のものにする

まずは入門の部で、基本事項をおさらいし、完璧に理解しましょう。問題を解いてみて自分の理解度をチェック。解けなかったら基本事項の理解不足です。もう大丈夫と思えるまで何度も読み返しましょう。それから試練の部に取り掛かります。難問揃いなので、はじめは時間を気にせずじっくり考えましょう。慣れてきたら時間を決めて解いていきます。解けなかった問題は模範解答をしっかり読み、自分で解答が作れるようになるまで何度も復習しましょう。


京都大学工学部電気電子工学科一回生。カリタス女子高等学校卒業。宇宙開発に興味あり。高校では演劇部に所属。文化祭執行部に入り、文化祭に積極的に参加。大学では硬式女子テニス部に所属。