教科書レベルから受験レベルへ

難関大学受験生におすすめします。教科書レベルをマスターした人、あるいは教科書レベルの問題に不安を持つ人が、もう一度公式の確認や基本問題を思い出すために使用すると、知識の定着と揺るぎない実力をつける事ができます。大学入試では、より実践的な応用問題に目が行きがちですが、確固たる基礎力を身につけることこそが、難関大学突破の鍵となるのです。そのため、今一度この問題集を使用し、基礎力の確認を行うことを強く推奨します。受験勉強を開始する高校3年の春から夏までの間にこの問題集を一通り終えることを目安として取り組んでください。

自己流の落とし穴

「ヒントなんてなくても楽勝」と思われる方もいるかもしれません。しかしながら、その油断が受験数学では、大きな減点に繋がってしまうのです。なぜならば、数学の2次試験は記述形式で出題されることが多いです。そのため、答えはでているけれど減点されてしまう、論理的に筋道を立てて示すことができていない、といったことが往々にして起こりえます。自己流の解き方を見直すためにも、アプローチの確認や解答構成に詳細な検討を盛り込んだこの問題集を使用していただきたいです。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

途中式まで書いてある親切さ

この問題集の大きな特徴は、解答に多くのページ数を割いているだけでなく、途中式まで丁寧に記述されていることです。センター試験数学や2次試験数学は、基本的な計算や式変形の集合により構成されています。数学の実践的な参考書や問題集に取り組んでもさっぱり解答が理解できない人は、丁寧な解説と豊富な途中式の記述に定評のあるこの問題集を使用することをおすすめします。また数学Ⅲ・Cは受験数学の中で、最も計算力が試される分野が揃っています。計算が多い分野だけに、途中式やロジックが繁雑になってしまうことが起こりえますので、丁寧に解くコツを養っていただきたいです。

卒業するタイミングに注意

あくまで基礎力養成・確認問題集です。この1冊が解けるから、入試数学は余裕なんてことは決してありません。遅くても夏休みが終えるまでには、内容を十分理解し、自信に繋がるようでないといけません。いつまでも卒業せずにだらだらと使用していては、痛い目を見ることになるので、使用時期や解き終わる時期に注意してください。

おすすめ使用法

多くが基本的な問題ですが、中には難しめの問題もあるため、最初は自分のレベルに合わせ、チェック&チェックをフルに活用しながら全ての問題に取り組んでみます。難しめの問題に関しては★印がついているため、数学に苦手意識がある受験生は、1回目は★印問題は解かなくても良いです。その後、間違った問題・自力では解けなかった問題を中心に2回、3回とリピートし、受験数学の基礎力を養成すると効果的でしょう。