bunto_book_badge数学ⅢCが受験で必要で、さらに時間に余裕がある人向け

二次試験で数学ⅢCが出題科目に含まれる大学受験生対象です。難関私大・国公立大学志望の人におすすめします。数学ⅢCを学校で学習しているときに並行して行うと、理解を深めることができ効果的でしょう。受験で数学ⅢCが絶対でる!という人で、時間に余裕がある人には取り組んでいただきたい一冊です。

bunto_book_badge「はじめの一歩」を踏み出せば、二歩も三歩も進む

姉妹編の「大学への数学」と同じく、A基礎理論編、B演習問題編から構成されています。章ごとにA→Bとなっているため、基礎をマスターした後に、演習によって確認をすることができます。Aの基礎理論編は教科書から一歩踏み込んだ内容や問題へ進む際のポイントに触れていて、数学が苦手な人には数学ⅢCを理解するはじめの一歩になることでしょう。Bの演習問題編は、様々な問題をとりそろえ、入試でどのような問題が出ても対応できるような問題解決能力を育てる演習問題が出揃っています。また、最後には入試に向けて総合的な実力を磨くための、総合問題を設けています。

ENGLISH COMPANY
3ヵ月でTOEICが400点上がった「英語のジム」ENGLISH COMPANY 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge足場固めができる

Bの演習問題編には易しい問題から難しい問題まで豊富にそろっています。入試で出されるような典型的なパターンの問題が数多く掲載されていて、入試への足場固めができるようになっています。たとえ難しく感じて最初から解けなくても、解答を熟読して考え方を覚えるのも一つの得策でしょう。ⅢCあわせて1000題を超えるボリュームなので、B問題をこなしていけば数学ⅢCの基本的な問題から応用問題まで幅広い知識と思考力が身につくことでしょう。ただ、ボリュームたっぷりの一冊なので、時間が無いという人にはおすすめしません。

bunto_book_badge解答を熟読し、ポイントを落とし込もう。

Aの基礎理論編をじっくり読んでからBの問題演習編に取り組んでも良いし、自信がある人は最初からB問題に取り掛かっても良いでしょう。B問題においては、解答を見ずに取り組み、考えても答えが出てこない場合には、解答を熟読し考え方を覚える努力をしましょう。解答の横にそえてあるポイントや使われた公式はしっかり自分でも思いつくことが出来るようにメモを取り、付箋を貼り付けるなどして解法を落とし込む工夫をしましょう。ボリュームがある一冊なので、授業と並行していくか、それができなくとも、春休み、夏休みといった、まとまった時間がとれるときに取り組んでいきましょう。


京都大学理学部2回生。三重県立伊勢高等学校卒業。現在3回生での系登録を目前に、化学、地学など幅広い理系分野を学んでいる。小学生への指導も行っている。