計算力をつけたい、全ての受験生のために

積分の計算、因数分解、面倒な展開、地道な計算を得意にしたい全ての人に、文理問わずおすすめしたい一冊です。1日1回分ずつ進めていくと、ちょうど26週間で終わるように作られています。高校2年の1月くらいから、コツコツ進めていくといいでしょう。

「計算専門」の参考書。

誰もが苦手とする数学の計算。それを克服するための「数学専門」の参考書です。計算といっても、ただの足し算引き算のことではありません。Ⅰ・A・Ⅱ・Bの全ての分野での、煩雑で間違いやすい計算。積分や展開、因数分解などを早く、正確に計算するための「裏ワザ」がわかる参考書です。1日10分を1セットとして、たった1週で一つの裏ワザが身につきます。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

学校では教えてくれない裏ワザを伝授。

「計算革命」には、学校では教えてくれない、高校数学の範囲外の裏ワザも乗っています。範囲外といっても、難しいわけではありません。例えば、「ベクトルの外積」。これを使えば、普通は面倒な計算が必要な「ある2つのベクトルに垂直なベクトル」を簡単に求めることができます。これは様々なところで強力に働く便利な概念なのですが、参考書でもあまり取り上げられることはありません。ぜひ「計算革命」で身につけましょう。

動画で計算方法を「見て」学べる

計算ミスが多くても、参考書や予備校の解説では計算過程が省略されることが多々あります。「計算革命」では、Webで計算を実際に講師が解いている動画を見ることができるから、自分がどこで計算ミスしたかすぐにわかります。

1日たったの10分間。1ページずつ解いていこう。

1日1ページを毎日解きましょう。10分程度で1ページ終わるので、必ずやりつづけることが大事です。当たり前ですが、難しい計算はありません。満点を取りに行きましょう。1問間違えたら、注意。2問以上間違えたら、必ずその原因を考えましょう。そうすれば26週間を終えた時には計算ミスの不安はなくなっているはずです!あなたの計算力に革命がおきます!