bunto_book_badge重点学習で苦手な数列を克服→得意分野に

姉妹編の『整数』同様、数列に特化した参考書+問題集です。文系理系問わず国公立大学・難関私大志望の受験生におすすめ。数列が苦手な人、あるいは完璧に数列をマスターしたい人は、この一冊に真剣に取り組めば、「数列出てほしくないな~」という逃げ腰スタイルを払拭できます。

bunto_book_badge数列の壁を打ち破れ

教科書の内容をしっかりと理解した後に、より高度な内容の理解へとスムーズに展開する構成となっています。厳選された100題の例題で教科書の内容を深めるための問題から、最近の大学入試の傾向を反映させた問題まで、数列の様々な問題に触れることが出来ます。「学校の授業で勉強した時は、ある程度理解していたけど、大学入試レベルになると途端に解けなくなる」。そのような人には、基礎から発展へとスムーズに導いてくれるこの問題集が役に立ちます。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_book_badge自然な問題構成と定着度チェックで理解がすすむ

第1章『君は教科書を理解しているか』では基本事項の説明と教科書レベルの問題が中心に掲載されています。数列に対する苦手意識がなく、むしろ得意にしたいと考えている人は、この章をとばしてしまっても構いません。第2章『教科書だけでは足りない』では「数列の特徴をとらえる」や「2次元に広がる数列」、「隣り合う2つの項の関係を探る」の三つに分かれ、入試に出題されうるような実践的な問題がそろっています。教科書レベルは大丈夫だけど、入試レベルになると厳しいという人は、この章を重点的に学習する必要があるでしょう。例題一題につき一題の練習問題がついており、定着具合を確認しながら、しっかりと実力がつけられるようになっています。また、解答の上に考え方が書かれていますので、考え方を参考にしながら、問題の糸口を見つけるトレーニングをすることもできます。

bunto_book_badge実力に応じて使用法を変える

数列に自信が無いという人は第1章から解き始めましょう。まずは例題を解き、解けなかったら「考え方」欄を参考にして自分なりの解答をつくります。それでもわからない問題に対しては、解答を丸写しするだけではなく、教科書を読み返すなどして基本に立ち返る習慣をつけましょう。その後、練習問題を通じて定着具合や内容の理解度をチェックします。数列に自信がある人は第2章を重点的に学習し、入試に向けての確かな実力養成に励んでください。例題50題、練習問題50題なので、例題と練習問題をセットにして一周一ヶ月ほどで終わらせ、二周目に突入できるとベストな時間配分です。