基礎から最難関まで。レベル別であなたの数Ⅲ力を鍛えます。

数Ⅲの内容を網羅的に掲載した「問題集兼参考書」です。基礎のレベルから、東大・京大のレベルまでさまざまな問題が納められていて、学力に合わせて使っていくことができます。自身の学力レベル向上にあわせて、取り組む問題を選択しましょう。1周目は高校の授業の授業にあわせてすすめ、2周目は長期のおやすみに取り組んでみると良いでしょう。

数学Ⅲの内容を完全網羅

まず目を引かれるのが、その表紙。シックで落ち着きのある見た目は、受験参考書であることを感じさせません。そのクールな見た目に負けず劣らず、中身もとても充実しています、

豊富な例題、演習問題で確実に全範囲を網羅し、これを完璧にしあげれば、入試で必要な解法をすべて押さえたと言えるでしょう。後は身につけた解法を、実際の入試でどう応用するかだけ。本書では、「チャレンジ編」「実践編」に取り組むことで、解法の応用力を高めることができるようになっています。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

実力養成のための3ステップ。

マスター編→チャレンジ編→実践編という3段階のプロセスをこなすことで、東大・京大入試レベルの入試問題への対応力を身につけられます。マスター編は、例題が中心。基礎レベルを確実に理解するために使いましょう。チャレンジ編は最新の入試傾向に合わせた実践問題に取り組むことができます。入試に必要なレベルを知るために有効です。実践編では、重要テーマごとに難度の高い問題を丁寧に解説し、大学受験に留まらない数学力を養うことが出来ます。あなたの目指す学力によっては、マスター編だけで十分な場合もあります。自分で判断して取捨選択をしてみてください。

数学を「楽しむ」ためのコツがぎっしり。

その見た目から、ゴリゴリのお堅い参考書かと思いきや、そんなことはありません。この参考書には数学を楽しむためのコツが詰まっているんです。例えば「Column」の項目では、扱った内容を、身近なテーマに当てはめ、面白おかしく解説しているんです。面白いコラムもあれば、真面目なコラムも。「バームクーヘン分割」や「ウォリスの公式」など入試で頻出の内容を扱ったりもしています。数学を楽しみながら、受験勉強に役に立つと思った知識を吸収していきましょう。

2回使えば、本当の良さが見えてくる。

学校の授業と併行して使用する場合は、授業で扱った範囲と似たような問題をまず探してみましょう。その問題の「考え方」の項目を読み、指針を理解してください。その上で、模範解答を見ずに解き直し! 解けなかったら、模範解答を写すのを忘れずに。どちらの場合も、ポイントの理解を肝に銘じてください。その後、練習問題に取り組んでみる。これを日常学習と授業の復習として、授業があった日に行うと効果的です。

夏休みなどに2周目に取り組むときは、まずStepUp問題と章末問題に取り組んでみましょう。それを難しいと感じるようであれば、同じ範囲の例題、練習問題に取り組み、苦手な範囲を潰していってください。必要であれば、全てのStepUp問題と章末問題を取り組んだ後にチャレンジ編、実践編に挑戦してみましょう。数Ⅲ力がメキメキ上がってくるのを感じるはずです。