bunto_book_badge数Ⅲを必要とする全ての受験生に

中堅私立から難関国公立まで入試頻出の問題が掲載されています。数Ⅲを必要とする全ての理系受験生が取り組むべき問題集といえます。さらに数Ⅲを学び始めていれば、どの単元であろうと最適な問題が載っているため、数Ⅲの勉強開始と同時に一緒に進めていくことをおすすめします。

bunto_book_badge丁寧な解説を活かせ!

旺文社の「精講」シリーズの1つだけあり、やはり丁寧な解説が魅力的です。「精講」「解法のプロセス」という2つの解説をしっかりと頭に叩き込んで理解ができたら、どんな大学の問題にも対応できる力がつくことでしょう。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_book_badge全ての大学を突破する力をつけよう

この参考書は数学が得意な人にも物足りないということは無く、逆に苦手な人にとっても難しすぎないという、数Ⅲを必要とする全ての人に対応できる問題が選ばれています。演習問題には国公立や難関大の問題も載っていて、ボリュームはたっぷりです。これらの問題が解ければ難関大学でも通用する上に、中堅私立大学であれば高得点を狙えるでしょう!

bunto_book_badge読むのが楽しい参考書

一般的に、参考書は堅苦しい文章も多くつまらないもの。しかし本書は違います。「研究」が単純に読み物としてもとても面白いのです。「噂の真偽の確率」のような、勉強の合間に休憩として読むのにぴったりの内容から、受験生が必要とする知識、問題で使われた補題の証明まで。高校数学の範囲を超えた学術的話題や歴史的背景なども紹介され、バラエティに富んだコラムとなっています。
数学が好きな人にとってはとても興味深く、数学があまり好きでない人にとっては数学に興味を持つきっかけとなるでしょう。

bunto_book_badge考える力を手に入れよう!

例題が充実しているので解説集としても使えますが、本書は問題集として使うことをおすすめします。なぜなら「どう考えるか」に重点をおいているからです。
効果的な使い方は、まずは自力で取り組み現時点での実力で解いてみましょう。解けなかった時は「精講」を読み、自分の考え方が間違っていたら修正してください。そして再度解き直します。それでも解けなかったときに初めて「解答」を読んでみましょう。
解答を読んだ後は再度、自らの力で解き直します。そして「研究」を熟読し、別解や背景などを確認します。その後は演習問題に取り組み、後日また解けなかった問題を解けるようになっているか試しましょう。
これを繰り返しているうちに、数学が得意な人はもちろん、苦手意識があった人まで数Ⅲレベルが理解出来るようになっているはずです。