bunto_book_badge教科書を卒業したら、本書で腕試し!

二次試験で数学ⅢCの分野の問題が出題される大学受験生対象です。難関私大(早慶,関関同立)・旧帝国大学志望の人に特におすすめします。厳選された重要かつ基本的な問題が掲載されているので、基礎力の確認から実践への橋渡し的な役割を本書が担ってくれることでしょう。数学ⅢCの授業を一通り終えた頃から、取り組み始めると効果的です。

bunto_book_badge実践を通じて実力を知る。

最近の大学入試で出題された問題から構成されています。実際の大学入試で出題された問題を解くことで、実践力を磨くことができると同時に、入試までに身につけるべき力を本書を通じて知ることができます。「教科書レベルの問題はマスターしているのに、入試レベルになると全然解けない」という人は数多くいるのではないでしょうか。「入試レベルは難しい」と肌で実感することこそ、真の意味で入試勉強のスタート地点に立つことができたと言えるのではないかと思います。自分の実力を理解することも入試勉強では大切なことです。入試勉強の早期に、目標とするゴールまでに必要な能力を本書を通じて理解し、実践力の養成と受験計画を練っていただきたいです。

学び舎東京
3ヵ月で偏差値を15あげた医学部・東大・難関大専門の個別指導の予備校 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge微積分の攻略なしに、ⅢCの攻略はありえない。

数学ⅢCの分野で特に大切になってくる微積分に重点を置いています。二次試験で、微積分の計算問題が大問として出題されることは珍しくありません。そのため、計算力を磨くことと解を正確に導き出す能力を養成することは必須となります。教科書レベルの基礎的事項をマスターするだけではなく、より実践的な問題を数多く解き、出題パターンの引き出しを増やす努力をしましょう。本書は様々なパターンの問題を数多く掲載しているため、引き出しを増やすという点で、大変すばらしい活躍をしてくれるだろうと思います。微積分を攻略し、自信をつけましょう。

bunto_book_badgeスマートな解法を身につけられる。

様々な問題集を見ていると、「さすがにこんな解答は書けないだろう」といった解答が平然と書かれていることがあります。解答を読んでもさっぱり理解できないとき、本人の実力が足りていない場合を除いて、不親切な解答解説であることが往々にして考えられます。本書は、一見解説が少なく感じるために、不親切であるかのように思われがちですが、実際は受験生が本番答案として作成していそうな解答が掲載されているため、内容が自然と入ってくるようになっています。スマートな解法を学び、無理なく実際の答案作成に役立てていただきたいと思います。

bunto_book_badge模試にビビらなくて済む

1日5題やれば、1ヶ月程度で終わります。数学ⅢCにかける時間があまりない人でも、1日2題で、2ヶ月程度で本書を終える事ができます。負担の少ない量となっているため、無理なく使用し続けることができます。また、模試の前などに本書を開いて、重要な基本問題を再度確認したり、実践レベルの問題にあらかじめ触れることで、気負うことなく自信を持って臨むことができるようになると思います。


京都大学理学部2回生。三重県立伊勢高等学校卒業。現在3回生での系登録を目前に、化学、地学など幅広い理系分野を学んでいる。小学生への指導も行っている。