センター直前で演習量が少なく焦っている人におすすめ!

センター試験で高得点をとるには「正しく読解する力(実験考察問題に対応)+正しい知識(点数稼ぎ)」が必要です。この参考書は過去のセンター試験から実際に出た問題を抜粋しており、この問題集をやればセンター試験の傾向把握と問題への取り組み方が習得できるようになっています。センター生物にあまり時間をかけてこなかった人やかけるつもりのない人にお勧めです!特にグラフや図の正しい読み取りなんかにこれほど詳しく解説している問題集は少ないので考察問題に苦手意識がある人は一度やってみると一気に点数が上がるでしょう。

センター生物攻略に必須の考察問題が解けるようになる

この問題集は考察問題の選択と解説が非常に優れていると思います。センター生物ではグラフや図の正しい読み取りが重視されますが、この参考書ではその着眼点を丁寧に説明してあります。そこに目を付けられるようになれば他の考察問題もすいすい解けるようになってきます。
特にグラフの見方なんかはグラフの中に書き込みを入れた形式で大変わかりやすくなっています。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

お勧めの使い方!

この問題集は考察問題が多めです。というのもセンター生物は考察問題の出来、不出来でずいぶん点数差がでるので、そこをケアするためにこの問題集が作られたのでしょう。なので、ある程度生物を学習した方でないと難しいと思います。なので、生物基礎を一通り終えてセンターの演習を始めようという方にお勧めです。具体的な使い方は、まず問題を解きましょう。答え合わせをして、解説中の「読み取りポイント」の部分をよく読み納得できたら次に進みます。納得できない場合は、その分野は理解できていないということなので、基礎事項のチェックをもう一度やり直しましょう。要約すると、この問題集は「理解度チェック」のためのツールとして使うことができます。