センター試験の内容理解はこれ一冊で十分

生物基礎を受験する文系の受験生のセンター試験対策に向いています。特に、生物に対して苦手意識がある人におすすめ。二次試験で生物が必要な人も生物基礎の範囲を理解するうえで非常に有効な参考書です。教科書と並行しながら習ったことの理解を深めるために使うといいでしょう。センター試験対策を始める直前など生物基礎の範囲を一通りおさらいするのにも役立ちます。

生物の苦手意識を取り払う教科書的参考書

本書は、書名にもある通り、生物基礎を「はじめから」「ていねいに」教えることをコンセプトにしています。生物が苦手な人のための教科書の内容理解を助ける参考書です。生物初心者でもとっかかりやすいわかりやすい文章で書かれています。教科書を読んでもよくわからない、生物って難しい……。そんな人にぜひ使ってほしい一冊です。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

マンガ・イラストが豊富でわかりやすい

生物は覚えるべき用語が多く、聞きなれない一見難しい言葉や概念がたびたび登場します。その際、用語の羅列や文章だけを眺めてもなかなか理解することはできません。それが生物は難しいと思わせる原因の1つなのです。この参考書では、用語や文章だけではわかりにくい概念も図やイラストをたくさん用いてわかりやすく説明しています。例えば細胞性免疫のしくみをマンガで紹介することによって、苦手な人でも取り組みやすくなっています。また、イラストで視覚的に捉えることで記憶にも定着しやすくなっているのです。

話口調で書かれているのですらすら読める

教科書や参考書というと堅いイメージがありますよね。しかしこの参考書は会話口調で書かれているので、堅い表現で書かれたとっかかりにくい文章に比べて楽に読むことができます。生物に苦手意識がある人でも読みやすい。語りかけるような文章は、目の前に先生がいて1対1で教えてくれているような感覚で学ぶことができます。また、わからないことを前提に書かれているので説明の省略が無く、0から学べる参考書になっています。

重要語句の暗記や確認テストにも

教科書としてだけではなく重要語句の暗記や確認テストにも使えるところが一石二鳥。重要語は赤字になっており、赤シートも付属しているので内容理解と合わせて重要語句の確認ができるのです。また、確認テストで講義のおさらいをし、どのように出題されるのか知ることができます。問題と解説が見開き1ページに書かれているので確認もしやすいのがポイント。各章末にはチェックリストもあり、短時間で要点を抑えることができます。もしわからないところがあっても復習すべきページ数が示されているのですぐに解決できるでしょう。

授業の復習や生物基礎のおさらいに

学校や塾で習った範囲をこの参考書でおらさらいしましょう。教科書よりもわかりやすいので苦手な人でも無理なく一人で復習することができます。また、センター試験の実践練習を始める前に、生物基礎の範囲をおさらいするのにも使用できます。重要語句は赤シートで隠して確認しながら読み進めるといいですね。1日1テーマでも13テーマなので約2週間でおさらいすることができます。いよいよ受験勉強に取り掛かる夏休みの頭や、センター試験直前の冬休みにさらってみるのがおすすめです。この参考書の内容をしっかりと理解できればあとは問題形式に慣れるだけ。センター試験に必要な知識はこれだけです。