化学の基本を身につけたい人におすすめ

化学の基本を身につけたい人が、日常学習とともに読み進めていくとよいでしょう。受験対策で問題を解いてみる中でも、基本に不安を覚えたらこの参考書に立ち戻って確認してみましょう。化学の勉強を始めたときから入試直前期まで幅広く活用することができます。

教科書では分かりづらいことを調べてみよう

教科書の内容に沿って、それぞれの項目を分かりやすく説明してくれています。理解し覚えやすいように重要な箇所は箇条書きになっていたり、図表を多く用いて視覚的に分かりやすいように工夫されているところは初心者にも嬉しいですね。また語呂合わせを使ってポイントを覚えやすくしていたり、コラムなどで息抜きをしながら科学の基本を押さえられるようにと、いろんなところに化学初心者のための配慮があります。堅苦しい教科書の文章になじめない人はこちらを教科書代わりとして使うのもよいでしょう。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

カラフルな説明で分かりやすい

化学の参考書は白黒や二色刷りが多い中で、本書はフルカラーで多くの色を使ってくれています。化学では炎色反応や、酸塩基指示薬、水溶液など色を知っておくべき項目がたくさんありますから、フルカラーでの解説はうれしいですよね。また説明がカラフルだと記憶にも残りやすく、勉強を進めていても飽きが来ないというメリットもあります。図表や写真などを多く掲載し、化学と日常生活を結び付けて説明されている点も記憶を助けてくれるでしょう。

設問分析&最低限の知識を理解しやすく

化学の勉強をするときには、どんな知識をどこまで、どんな順番で覚えればよいのかをつかんでおくことが大事です。もちろん難関大の受験には背景知識などを含めてさまざまな知識を仕入れておくことは大事ですが、まずは基本を押さえておくことが何より大事です。この参考書では最低限の知識を教科書よりも分かりやすく説明してくれていますので、化学を勉強する最初の1冊として最適です。また図表や箇条書きなど、説明の仕方にも工夫をしてくれているので、必要な知識を理解しやすい形で吸収できるでしょう。

辞書的に活用して理解を深めよう

大学入試化学は基本的に教科書の記述がある内容から出題されます。教科書レベルの基本をしっかりと押さえておくことが一番の入試対策となるのです。この参考書では教科書レベルの知識を分かりやすい形でまとめてくれているので、必要最低限の知識が身につくでしょう。普段の授業で分からなかったことを調べ直したり、問題を解く中で疑問に感じたことを調べたりと辞書的に活用していけば、理解は格段に深まるはずです。一度だけさっと目を通すのではなく、何度でも本書に戻って基本を確認するという姿勢が大事です。