化学が苦手なら、まずはここから

旺文社から出版されている伝統的な問題集「精講」シリーズのうち、化学、生物、物理に、「入門」レベルが追加されました。
対象は化学を苦手とする理系受験生、センターで化学基礎(あるいは化学)を受験する文系受験生、定期テスト対策で化学を理解したい高校生。基本中の基本を扱っているので、1冊目の問題集として重宝します。
しかし、受験化学のレベルでいえば本当に基本ドコロしか扱っていないので、有名・難関大学を志望する理系受験生は、短期集中的に終わらせて、同シリーズ『化学[化学基礎・化学]基礎問題精講』などに進みましょう。

前提知識なしで読める初心者に優しい解説

化学が全くわからない初習者でも、化学に苦手意識のある既習者でも、誰でも安心して使える問題集です。解説部分では問題の解法だけでなく、教科書事項が一緒にまとめてくれているので、事前知識がなくとも読むことができます。学校の授業についていけない高校生でも、この問題集であれば、自分のペースで問題を解き、解説を理解していくことができますね。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

化学の学習ポイントが一目瞭然

化学に限らず教科書・参考書・問題集等どんな教材を使用しても、「何が大事かわからない」「全部覚えようとして覚えられない」「覚えても結局問題が解けない」という悩みをよく聞きます。本書では、すべての問題の解説に「Point」として、その問題を解くのに必要だった知識や考え方が整理されています。
結局問題で聞かれるポイントがどこなのか? 問題を解く上で特に理解しておかなければならないことは何か? 教科書や参考書を利用して学習をしていてもこういった部分がよくわからないまま読み進めている方は、この「Point」をうまく利用して、化学の教科書や参考書の読み方を上手にしていきましょう。

棒暗記ではなく、理解を伴った記憶を。

未習の単元に取り組む際は、最初から解答を読んでしまって構いません。「Point」が綺麗にまとめられているので、しっかりと読み、頭に入れていきましょう。読んだ後は、何もみないでイチから自分の手で答案を作成していきます。答えをただ写したり、一時的に暗記しているから解ける、などということには絶対になってはいけません。理解を伴った記憶をしましょう。必要であれば札に読んでいる教科書や参考書も合わせて読んで下さいね。自分で取り組んでいる範囲が大丈夫だと判断したら次へ進みましょう。
既習者はまず解答を読まずに問題に取り組んでみてください。取り組んだ後は解説を読んで、自分に足りなかった知識や考え方を自分のものとしましょう。そして、次の日にもう一度取り組むことで記憶の定着を図ってください。