bunto_book_badge化学を最初から教えてくれる

化学が苦手で一から化学をやりなおしたい人、もしくは基礎を固めたい高校1年生におすすめ。本書では中学レベルからやり直してくれるので、化学に不安を持ち始めたら購入してみるといいでしょう。あくまで基礎中の基礎なので、どんなに遅くても高3の春休みには終わらせておきたいですね。

bunto_book_badge自分に合った問題集を使おう

本書は、『レベル別問題集』シリーズの化学版です。このシリーズの特徴は、自分のレベルに合わせて問題集を選べること。この基礎編では、中学レベルだけれど大学入試でも出題される内容を、高校で学習する順番に並べ替えて出題しています。また、後半は高校化学の内容ですが、丁寧な説明がされているので化学に自信がなくても大丈夫。これ一冊やれば、多くの高校生がつまずく物質量の計算までは自信を持って解けるようになります。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

bunto_book_badge勉強しやすい工夫がたっぷり!

例題と解説、演習問題という構成になっています。どれも高校入試や大学入試で、実際に出題された問題から選び抜かれた良問ばかり。いろんな問題に応用がききます。問題の右上にはチェック欄があり、自分がどこまで進めたか、どの問題を間違えたかなどを記録することができます。また、解説も非常に丁寧。答えだけでなく、それに関連した化学反応式や計算式までしっかりと載っているので、解き方を具体的に学べます。重要なところは下線が引かれているので、注意して覚えましょう。

bunto_book_badge赤シートでスキマ時間を最大限に利用

例題の答えや重要なところは赤シートで隠せるようになっています。そのため、例えば例題のみ電車の中などのスキマ時間で解き、時間があるときにじっくりと演習問題を解く、という使い方も可能です。また、受験に必須な事項をPointとしてまとめられてくれているので、確実に押さえて得点源にしましょう。

bunto_book_badge大事なのは、熟考、比較、反復

じっくり考えて問題を解くことが大事です。分からない、と思ってもしばらくは考えてみましょう。それから解答・解説を丁寧に読み、自分の解答や考え方とどこが違うか、よく比較してみてください。間違えた問題は、その解説をノートに書き写しましょう。手を動かして勉強すると、自然と内容が頭の中に入ってくるはずです。最後に、間違えた問題はもう一度解きなおしてください。これを2周もすれば基礎は完璧!一ヶ月程度で終わせましょう。ただし、本書は基礎レベルなので、出来る限り早く終わらせましょう。本書を完成させたら、よりレベルの高い問題集へと進みましょう。