理系難関大受験者は必携

化学基礎・化学の教科書内容をさらに詳しくし、ボリュームアップした高校化学参考書のの決定版です。総ページ数も700を超える超大作。高校化学の全ての範囲が網羅されており、さらに大学教養レベルにまで踏み込んで解説をしていますので、化学の学習で調べたいことがあればすぐに頼れる1冊です。

あらゆる疑問はこの1冊ですべて解決

700ページを超える本書は、もはや「高校化学の辞書」と言っても過言ではありません。徹底的に内容を掘り下げていく方針で書かれていますので、内容をまとめたり、見やすく整理することは二の次。とはいえ有機化学の構造式や電気分解の模式図など、図は豊富に載せられていて、普通の教科書では丁寧に解説してくれない部分まで手の届く内容です。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

難関大では避けられない大学教養レベルも

他の参考書との最も大きな違いは、大学教養レベルまで踏み込んだ解説でしょう。もちろん、大学受験で高校の範囲を超えた内容について真正面から問われることはありません。しかし、難関大学の問題は大学教養レベルを元にして作られることが非常に多くあります。高校化学の範囲を超えているけど、このレベルまでは理解できる、知っていてほしいという内容が詰め込まれていますので、好奇心の赴くままに本書で学習し、骨太な実力を手に入れることができます。

おもしろ豆知識もしっかり踏み込んで解説

どうせやらなきゃいけないのなら、勉強は楽しくやりたいものです。新研究という名とは裏腹に、きちんと読み物として読者を楽しませる工夫も、たくさん施されています。最初のページを開いてみれば、さっそく「錬金術」を交えての化学の歴史の話。「Science Box」という項目では、フラッシュメモリや半導体、太陽電池など最新の技術の話、空が青く見える理由など身近で化学にまつわる「なぜ?」を解決してくれます。雑学にしては高度すぎる部分まで理解できますので、しっかり読んで友達に自慢してみましょう。

まずは辞書として。余裕があれば読もう

一番おすすめの使い方は辞書として利用する方法です。比較的文章が硬く量も多いので、通読するにはかなり時間がかかってしまうからです。化学の問題を解いていて、理解できなかったり、教科書の説明にいまいちピンとこないときに、該当する項目を読んでみましょう。
化学科を志望していたり、化学が好きだから深くまで理解したい、という方はちょっと時間がかかるかもしれませんが、頑張って通読するのもアリ。ただし、この参考書で扱われている範囲は高校化学の範囲を超えていて、この参考書に書いてあることを全て学んでいなくても受験化学を乗り越えることはできることは前提としておきますね。理解できない所があっても一旦は読み飛ばしておきましょう。書かれている内容の7割も理解できれば、化学を使う受験生の中ではトップレベルの実力を自負できます。