bunto_book_badgeセンターで確実に高得点を狙いたい人に!!

センター試験で絶対90点以上取りたいという人は、この1冊を完璧に理解してみましょう。国立大学医学部に入りたい人など、センター試験でどうしても高得点がほしいという方にぜひオススメします。

bunto_book_badge代々木ゼミナール講師による本格的参考書

代々木ゼミナール講師による、分厚い参考書である。この中には、センター試験を解くために必要な知識が、300ページにギッシリと詰まっている。この本1冊を完璧にこなすことができれば、センター化学で確実に高得点をとることができる!

bunto_book_badge センター試験高得点のために、センターレベルを少し超えている

学び舎東京
3ヵ月で偏差値を15あげた医学部・東大・難関大専門の個別指導の予備校 無料体験はこちら
PR

ボリュームのあるこの参考書をしっかりとやりこめば、センター試験で90点を取ることができる。もちろん、センター試験といえど、安定して高得点を取るためには、化学についての深い理解と、しっかりとした知識が必要となる。したがって、この参考書では、センター試験の範囲を少々超えた内容も扱っている。もちろんそれは、センター試験を解くことにおいて無駄な知識なのではなく、確実に高得点を取れるようにするためのものである。

bunto_book_badge設問分析&打倒、丸暗記!知識をつなげて効率よく覚える

化学を暗記科目だと思っている人が多い。実際に、暗記しなければならないこともあるが、化学の知識は、他の知識とつなげて覚えていくと暗記しやすい。この参考書では、例えば金属元素に関する性質は黒字で、非金属元素に関する性質は赤字で書かれている。このように、知識がバラバラにならないような工夫が凝らしてあるので、すごくわかりやすい。

bunto_book_badge要点がまとまっている

化学の教科書を読んでいるだけだと、どれが試験によく出るのかが分からない、という受験生が多い。それもそのはずで、教科書には「ココはセンター試験によく出るよ!」などとは書いてないからである。しかし、この参考書には、センター試験にしょっちゅう出てくるような知識などを「ココがツボ!」と表記してまとめてあるため、大事な部分を重点的に確認できる。

bunto_book_badgeオススメの使い方

この本1冊全てをしっかり理解すればもちろん安心できる。また、苦手な分野がある人は、その分野の勉強にだけ使うのもおすすめ。覚えるべき知識がまとまっているので便利。


京都大学工学部工業化学科。岐阜県立大垣北高等学校卒業。学部時代はテニスサークルに所属。高分子化学をキーワードに研究。無機材料に興味をもち、来年度から無機高分子化学の研究を行なう。