bunto_book_badgeゼロから丁寧に化学の基礎を抑える。

センター試験や私大受験で化学を使用する受験生が対象です。タイトル通り化学の基礎をゼロから丁寧に説明してくれるので、高1生などが、定期テストの勉強に使用することもできます。ある程度化学を理解している人には、丁寧過ぎて物足りなく感じると思いますので、二次試験を視野に入れた勉強をしたいならば、更にレベルの高い参考書が必要ですが、理解を深める、基礎事項を確認するという意味では、二次試験直前まで使用することができます。

bunto_book_badge知識ゼロのあなたに優しく語り掛けてくれる

説明が非常に丁寧で、化学に関する知識がゼロの状態でも取り組むことができます。普段使わない単語には「Reading hints」という注釈が付いているので、混乱せず読み進めることができるでしょう。文章も優しい語り口調で読みやすく、直接授業を受けているかのようです。本書を丁寧に勉強していけば化学の基礎知識が身に付くだけでなく、化学を好きになるかもしれません。しかし、分かりやすいからといって決して内容のレベルが低いわけではありません。この一冊を終えればセンターの化学基礎には十二分な実力が付いてくることでしょう。

admin-ajax
看護学部を卒業後、医学部受験に挑戦。卒業後わずか1年で合格を勝ち取った「教科書レベル」からの挑戦
人気記事

bunto_book_badge綺麗さと丁寧さは教科書より上。

フルカラーで非常に見やすく、他の生真面目な参考書よりも手に取りやすいと思われます。化学では炎色反応、化合物の色、滴定反応など、色にかかわる分野が多いため、化学の参考書は本書のようにフルカラーのものを選ぶべきです。また、グラフや実験の図も載っており、視覚的に覚えることができようになっています。見た目の綺麗、そして説明の丁寧さ、いずれにおいても本書は教科書に勝っていると思います。教科書の堅苦しさと分かりにくさにうんざりしている人は、是非教科書代わりに本書を活用しましょう!

bunto_book_badge知識のアウトプット先もしっかり用意

全部で7章あり、章ごとに授業、まとめ、練習問題という構成になっています。練習問題はセンター試験や大学の入試の過去問、またはオリジナル問題で構成されています。いずれも学んだことをフル活用すれば解ける良問です。解答の部分には、この問題を間違えた場合、どのページを読めばよいかが書かれているので、理解できていない部分が一目瞭然なので、その部分はすぐに読み直して復習しましょう。

bunto_book_badge受験直前まで使える底の深さ

まず授業の部分を読んでしっかりと理解、次にまとめで復習し、最後に練習問題を解く、という流れを何回も繰り返しましょう。練習問題は量が少ないので早く終わらせるべきですが、授業とまとめは理解用に受験本番直前まで使えます。まとめでは重要事項が簡潔にまとめられているので、模試や試験本番前に読み返すと良いでしょう。入試で頻出の重要事項は赤字になっているので、赤シートを活用し優先的に覚えるようにしましょう。また、どの分野に関しても丁寧に説明されているので、他の問題集や過去問を解いていて行き詰ったとき、この参考書を参照すると理解の助けになるはずです。