bunto_book_badge迷ったらこれ!

理系文系問わず、授業のお供にオススメの1冊。学校の定期テスト対策やセンター試験対策にも有効です。学校の授業と並行して取り組みましょう。受験を控えた高3生で、化学が苦手な人は基礎事項の確認、センター対策としても取り組めます。

bunto_book_badge小さな労力で化学の基礎を理解

高校化学の重要事項がこれ1冊に。理論から無機、有機、高分子まで高校化学を5部に集約。それらをさらにテーマ毎に2~4章に分割。それぞれのセクションは、重要事項の確認、基本問題、応用問題から構成され章末には実戦問題や実験に即した問題があります。解説や問題数は限られていますが、覚えるべき最低限度のことが書かれています。なので、暗記量は少ない方がよく、化学の勉強に時間を割きたくない人は重宝するでしょう。
また、応用問題には大学入試問題も取り入れられているため、噛み応えのある問題もあります。上位大学を狙う人も十分取り組む価値はあります。

烏丸学び舎
少人数制、個別指導。あなたのための”医学部・難関大専門”予備校が、四条烏丸にあります。
PR

bunto_book_badgeまずは一通り解いておこうという人に

基本的な問題からちょっと難しめの問題まで一通り解いておくという使い方が最も適しています。解答、解説それぞれ、限られたスペースに重要な内容が集約されてます。問題をじっくり考えたり、理論や反応過程をしっかり学びたいという場合はもう一冊用意するのがベターです。また、本当に化学がわからない人は解説等がもっとしっかりした講義系の参考書を用意しましょう。

bunto_book_badge実験に関する問題はGOOD!

定期試験やセンター試験で頻出の実験問題は、本書を使った対策が有効です。実験操作の方法や結果について考察する問題は、他の参考書ではどうしても割愛されやすいところなので、本書のおすすめポイントです。
掲載されている問題はどれも基本的な問題であり、論述・記述等は少なめです。

bunto_book_badge頻出問題をインプット!

問題のパターンや試験で頻出となる問題をインプットしていくことで、考えなくても答えが導き出せるようにするのがベスト。そうすることで難しい問題や、記述問題に割ける時間も増えてくるので得点アップにつながります。


京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻。滋賀県立膳所高等学校卒業。京大オーケストラに所属。大学院では、物理化学・電気化学を中心に生体内での電子・イオン移動に注目した研究をしており、神経伝導モデルの構築を目指して研究を行っている。