bunto_book_badge遺伝が苦手な人から難関大志望者まで、遺伝について知りたいならコレ!

遺伝について苦手意識を持っている人から難関大志望者、さらには遺伝に興味があるという人まで、とにかく遺伝について知りたいならこの参考書がオススメです。学校の授業をより理解するためや、ずばり受験対策のためなど、使用の時期は目的は選びません!

bunto_book_badge遺伝の基礎をあますところなく解説!難関大志望者にも読んでほしい

遺伝は基礎的な事項の理解が不充分のままでは、絶対に応用が利きません。はじめから基礎を知るために、あるいは知っているつもりの基礎をもう一度確認するために、難関大志望者にもぜひ一度読んでもらいたいのが本書。たとえばDNA、染色体、遺伝子、遺伝などの言葉を正しく説明できるでしょうか?一瞬でも詰まってしまった人は基礎の理解が不充分。このあたりがあやふやであると、応用問題には歯が立たなくなるものです。本書でもう一度、学び直してみるといいでしょう。

bunto_book_badge基礎的な用語を押さえれば、遺伝は必ず理解できる

遺伝は基礎的な用語の意味が理解できて、それらについて具体的なイメージを持てるようになれば、一気に視界が開けてきます。たとえば相同染色体、二価染色体、染色分体、こういった言葉についてイメージが持てるでしょうか?この参考書では、これらの基本的用語について丁寧に解説を加えてくれています。ですからこれから遺伝について学び始める人にも、基礎があいまいな難関大志望者にも無理なく学ぶことができるようになっています。

学び舎東京
3ヵ月で偏差値を15あげた医学部・東大・難関大専門の個別指導の予備校 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge設問分析&いろんな問題にあたって知識を定着させよう!

基本的な用語の意味が理解できたら、それらを問題の中でどのように活用するかを知ることが大事です。実際の問題を解く中で知識を身につけていくことも欠かせません。この参考書では遺伝についてさまざまな種類、パターンの問題を用意しています。またそれぞれの問題に対する説明がとっても丁寧なんですね。解説をただ読み流すだけでなく、必ず問題にチャレンジしてみましょう。

bunto_book_badgeまずは基礎を徹底!その後は自分に必要な分野を

レベルを問わずまずは第1章から始めてみましょう。そして分からない言葉、説明できない言葉があれば、必ずリストアップして、覚えてしまいましょう。基礎用語の確認が終わったら、遺伝子雑種の問題まで一通り解いてみます。ここまでが遺伝問題の基礎ですから、解けない問題がなくなるまで、何度でも挑戦してください。そこまでできたら基礎は身に付いているはず。後は自分に必要と思われる分野の問題を取捨選択しながら解いてみるとよいでしょう。


京都大学大学院農学研究科応用動物化学専攻。大阪府立豊中高校卒業。iGEM Kyoto での活動では、2012年のアジア大会で金賞を受賞し MIT での世界大会に出場した。大学院では、細胞を扱った代謝の研究を行っている。