教科書に難しさを感じたら読んでみよう

有機化学の勉強が必要で教科書を開いてみたけれど、うまくなじめない…そんな経験はありませんか?また教科書だとどこが重要で、何を覚えなければならないか分からないという感想を持つ人もいます。有機化学は暗記ばかりで面白くないと思ったり、暗記するポイントを絞り込みたいときに読んでみるとよいでしょう。

丸暗記の有機化学から抜け出そう

有機化学は丸暗記、覚えなくてはならないことが多くて面白くないと、苦手意識を持つ人は多いようです。たしかにただの暗記ほどつまらないことはありませんよね。本書では原理原則を理解しながら、しかも身近な現象と関係付けながら有機化学を理解することができます。有機化学を勉強する楽しさを味わうことができる1冊と言えるでしょう。

tonaki-mjtp-ec
受験にこそパーソナルトレーナーを。4年間、一次試験すら通過できなかった僕が『医学部合格』を勝ち取れた理由
人気記事

高分子化学の解説が秀逸!

高校範囲の最後に習う高分子化学は暗記する事柄が多く、苦手をする生徒が最も多い分野であると言えます。ひたすら暗記というイメージがあり、もともと化学に苦手意識を持っている人が、最後のとどめのように感じてしまうこともあります。この高分子化学について、本書では実に分かりやすく明快に説明しています。基本的なルールをしっかりと説明してくれているので、それをいろんなケースに当てはめることができますから、それだけ暗記する量も減っていきます。高分子化学に苦手意識を持っている人はぜひ読んでみるとよいでしょう。

設問分析&有機化学を学ぶ意味を知れば勉強も楽しくなる

有機化学は日常生活に存在するあらゆる物体に関係あります。紙もペットボトルも、日常にあるほぼあらゆるものに関係するのが有機化学です。有機化学は日常生活と深く関係があるんですね。単なるテスト勉強として化学を勉強するよりは、どうしてこの教科を学ぶのか、その教科が日常にどう関係あるかを知れば、勉強の面白さも倍増するもの。モチベーションも上がります。この参考書は化学を学ぶ意味や魅力をたくさん語ってくれますので、化学アレルギーを直してくれることでしょう。

自分に合った使い方を工夫しよう

学校の授業に合わせて読み進めていくとよいでしょう。特に有機化学の分野を勉強している人はそれに合わせて読んでいくことで、理解が深まり定期テストなどでも威力を発揮してくれるはずです。受験勉強の段階に入っている人は、苦手とする分野を集中的に、ピンポイントで読み込んでみるとよいでしょう。自分の目的に合った使い方を工夫してみましょう。