初学者から物理が苦手な方まで。基礎をしっかりカバー

物理初学者の方から、授業ではやっているけどいまいち苦手だ、という方、基礎事項をしっかりおさえておきたいという方などにおすすめの一冊です。高校1年になり、物理の授業を受け始めた時からしっかり使えます。授業と並行して使っても、苦手な分野を復習したいと考えたときに使ってもよいでしょう。基礎の基礎をカバーしてくれます。

普段の学習や定期試験にぴったりの講義系参考書

普段の授業から定期試験レベルの、物理の講義系参考書です。一人で高校物理の学習ができるよう、非常に丁寧に講義がすすめられます。本編での講義に加えて、授業プリントとして使える別冊と、YouTubeを利用した無料講義動画がついており、文章を読むだけではわかりにくい……。そう思う方でも物理の基本をおさえられるようになっています。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

無理のないペースで進められる

授業を再現したような、語り口調の本文で非常にとっつきやすくなっています。わかりやすい具体例や図、段階を追った解説で誰でも理解できるようにされています。また、単元をさらにテーマに細かく分けているため、無理のないペースで進めることができます。

講義動画で実際の授業のように学習できる

なんといっても講義動画は必見です。全120講義をすべて公開しています。公開模試で全国1位の学校平均点を記録したサレジオ学院の青山先生の授業を余すことなく視聴することができます。別冊の講義テキスト兼要点集にはQRコードがついており、ここからアクセスして視聴できるため、「実際に学校の授業を聞きながらプリントを眺める」という要領で学習することが可能です。また、赤シートに対応した要点集としても活用できるため、試験前のまとめにも最適です。

授業と並行しても、自習にも

授業と並行して使う場合、授業の予習もしくは復習に。授業前後に一度講義を読み、その後動画を見ながら別冊プリントを読むと理解度がアップします。同じシリーズの問題集も活用していきたいですね。自習で使用する場合は、講義を読む→動画を見ながら別冊プリントを読むという流れを繰り返していきましょう。
一日4講分取り組むことができれば、1か月で終わります。早めに取り組んで、問題集に移行できるようにしましょう。