bunto_book_badge便利な物理公式集

受験で物理を選択する人、物理の暗記を効率良く行いたい人向け。細かいことや理論めいたことは良いからとにかく公式を覚えて問題を解くのに使えるようにしたい、という人におすすめです。ただし、公式集であるため、本書で公式を覚えた後、問題集で演習を行う必要があります。
時期としては物理学び始めの頃から入試直前のおさらいまで幅広く使えます。直前期は不安が残るところをさっと見返す程度にして、本書だけに集中するのではなく、他の問題集を使い演習にも取り組みましょう。

bunto_book_badge見開き1ページで公式の使い方をマスター!

高校物理で出てくる全分野の公式が一冊にまとまっています。力学、電磁気等はもちろんですが、忘れがちな原子、原子核の物理にも十分なページを割いています。
それぞれの公式が見開き一ページにまとまっており、例題とその解答つきなので、公式を覚えた上で、どのように使えば良いかも理解できるでしょう。原理等の理論的な背景や導出過程にはあまり触れられていませんが、問題を解く上で重要な公式の使い方は重点的に解説されています。

ENGLISH COMPANY
3ヵ月でTOEICが400点上がった「英語のジム」ENGLISH COMPANY 無料体験はこちら
PR

bunto_book_badge暗記だけじゃない、イメージも明確に!!

公式を図も交えた簡潔なイメージで説明しています。物理の公式というと、堅苦しいイメージを持ってしまいがちですが、難関大学の入試ではイメージを大事にし物理をより深く理解しているかどうかを試す問題が出題されます。
本書は単に公式の羅列ではなく、一つ一つの式に対してイメージやポイントを明確にし、それらを直観的に捉えやすいよう工夫されています。単なる暗記モノとして「ひたすら書いて覚える」などというより、意味を理解しイメージと一緒に覚えることができる稀有な参考書です。

bunto_book_badge誰もが使える万能参考書

あくまでも辞書的な役割なので、本書を読んだだけで満足してはいけません。物理を学ぶ上で、問題を解きながら、イメージを定着させることはとても大切なので、本書でそれぞれの公式を理解、記憶したら実際に問題演習を行うべきです。また、問題を解きながら躓いたときに本書に立ち返るという使い方も良いでしょう。
受験する大学によって演習で解くべき問題の難易度は変わりますが、本書はどんな大学にも対応できるようにつくられています。誰もが安心して使用できるでしょう。物理が苦手な人にも理解しやすく、また、難関大を受験する人にとっても理解を深めやすい、使う人を選ばない万能な内容となっています。

bunto_book_badgeいつでもどこでも確認!!

新書サイズなので、通学や授業の合間など、隙間時間を見つけて読んだり、場所を選ばず使用できます。定期試験前の確認や、不安が残る分野に関して入試直前期に確認するなど、状況に応じて適宜確認するのに使うと良いでしょう。
公式を理解してから問題演習をしても良いし、問題を解きながらわからないところを本書で確認するという使い方も効果的です。


京都大学大学院農学研究科応用生命科学専攻。滋賀県立膳所高等学校卒業。京大オーケストラに所属。大学院では、物理化学・電気化学を中心に生体内での電子・イオン移動に注目した研究をしており、神経伝導モデルの構築を目指して研究を行っている。