bunto_book_badge地理選択者の必需品。入試当日まで使い続けよう

受験で地理を使う人は、センター試験でだけ地理を受ける人も、私大や国公立2次で地理が必要な人も、みんなぜひ使いたい地図帳です。受験地理のための工夫が詰まっている地図帳なので、地理を勉強し始めたその日から入試当日の直前チェックまで、手放さずに使いましょう。

bunto_book_badge受験を意識して作られた画期的な地図帳です

地理を勉強するうえで地図帳は欠かすことができませんよね。しかし学校で副教材として配られる地図帳は意外と受験には向いていないのです。それは地形名や都市名が網羅的に載っているからで、辞書的に使うなら便利ですが、何をどこまで覚えればよいかが分かりづらいのです。この地図帳は受験頻出の地形・都市に絞って掲載されているので、メリハリをつけて学習することができます。

bunto_book_badge地図帳なのに簡素な解説がついている!

学び舎東京PLUS
「受験のパーソナルトレーナー」と二人三脚で合格を目指す特別なコース 無料体験はこちら
PR

地図帳と言えば地形名・都市名だけが載っているものが多いのですが、この地図帳にはそれぞれの事項にシンプルな解説がついています。地図を見ながらそれぞれの地形や都市についての重要事項を同時に学ぶことができます。また地理の大事なポイントに地域と地域の関連をつかんでおくということがありますが、これについても解説されています。これは載せている地形名や都市名を絞っているからこそできること。このあたりにも受験を意識した工夫が見られます。

bunto_book_badge書き込みOK!自分だけの地図帳を作ろう

地図帳を見ながら、大事なポイントを書き込んでおきたいと思ったことはありませんか?重要事項を書き込んでおけば、復習で地図帳を見たときに繰り返し触れることができますし、学習が重層的になり理解も深まりますよね。しかし普通の地図帳は地形名や都市名がぎっしりと書かれていて書き込みはできませんし、紙質が書き込みに向いていないものです。この地図帳は余白が比較的たっぷりと取ってあるので書き込み自由。重要事項を追加して自分だけのオリジナル地図帳を作ることができます。

bunto_book_badge見るだけの地図帳から「手を動かす」地図帳へ

教科書や参考書を読んだり、問題を解いたりするときは基本的に手元に置いておきましょう。そして、疑問な点が出てきたり確認したい点が出てきたら、その都度開いてみるとよいでしょう。また学習しながら気づいたことや大事だと思ったことがあったら、どんどん書き込んでおきましょう。勉強は受け身ではなく、能動的な作業をともなう方がはかどるもの。ただ見るだけという地図帳の使い方から「手を動かす」という地図帳の使い方に切り替えることで、理解も深まり記憶がより深くなるでしょう。


京都大学教育学部相関教育システム論コース所属。千葉県市川市出身。渋谷教育学園幕張高校卒業。教育 NPO 法人 ROJE の関西学生事務局長として教育現場の変革に取り組む。