bunto_book_badge雑誌感覚で読める面白い参考書

対象としては日本史を一通り学習した上で、日本史をより深く学習したい人や日本史が好きな人にオススメです。参考書っぽくはなく雑誌感覚で読めるので、受験勉強の息抜き程度に読むのが良いでしょう。使用時期は問いません。

bunto_book_badge見開き1ページで終わるからサクサク読める

日本史の重要なトピックについて受験参考書とは全く違う切り口で、コラム風に書いています。日本史のマイナーなトリビアを紹介するおもしろ本は数あれど、この本は一味違っていて、あくまでもセンター試験で出題されるレベルの重要な出来事について書いています。レイアウトとしては見開き1ページで右にはコラムが、左には図が載せられており、かなりとっつきやすいものとなっています。

mtp-ec
苦手だった英語でほぼ満点を取って国立千葉大学医学部に現役合格した話。
人気記事

bunto_book_badge先生の解説を聞きそびれても安心!

読みやすいコラムの中にも重要な語句がちりばめてあるので、ある程度日本史を学習し、どの語句がキーワードとなっているのかが分かっている人が読めば、それぞれのキーワードがどこで繋がりをもつのか、また出来事の背景にはどのような事情があったのかなどを知ることができます。暗記をそこそこ終えて、この本を読めば、記憶の定着に繋がることは間違いありません。2次試験で日本史の記述などが必要になっている人などにはピッタリでしょう。

bunto_book_badge歴史は暗記科目ではない!

この本は受験勉強を目的に作られているのではありません。しかしトリビア、いわゆる豆知識的な知識ではなく、日本史の重要なトピックについて深堀りをする形式なので、予備校や塾に通っていない人が独学で日本史の理解を深めたいときには有用な1冊であることでしょう。何年に何が起こった、それだけではなく、その原因と結果や影響までを学習することを本書の学習では意識してほしいところです。

bunto_book_badgeやる気のでないときに息抜きをして

勉強に集中できないときなどに息抜きとして読みましょう。勉強するやる気があるときには数学や英語、日本史ならば純粋な暗記に時間をあてるべきです。知らなかったり、重要な単語にはマーカー付けしながら読むとより学習効果が高まると思います。